2015年7月9日木曜日

猛烈な蒸し暑さの大阪。涼味を求めて梅田エリアNo.1うどん店のひやかけを食べに、大好きな「うだま」へ

会社を出ると、猛烈な湿気が身体にまとわりついてきました。
今朝も、まるで亜熱帯のような湿気の中を汗だくで出勤しました。
それもそのはずで、今朝の大阪は湿度が98%だったといいますから、ミストサウナに入っているようなもの。
こんな日は冷たいうどんをツルツルと啜りたいと思い、大阪駅前第3ビルのうだまに来ました。


幸い行列の先頭。
M部長、Y部長、F君の4人で並びます。
優しいお母さんがカウンターのお客さんの様子を見ながら私たち4人が並べるように上手に段取りをしてくれます。
Y部長とF君はガッツリとりマヨ丼セットを食べるようです。


行列に並びながらメニューを品定め。
今日はひやかけと決めて来ましたので、この中からチョイス。


4人横並びで着席できました。
程なく運ばれてきた、とり天ひやかけ
とろ玉天をトッピング。


しっかりと冷水で締めた後、キュッと捻ってから冷たいお出汁をかけています。
実に食欲をそそるビジュアルです。


まずはお出汁を一口。
ウルメ節、鯖節、宗田鰹節、羅臼昆布で取った出汁はコクと深みがありながらも、クリア。
冷たいのでゴクゴク飲めます。


極太の自家製手打ち麺は、腰、粘りのあるエッジの立ったものですが、スルスルと通り抜ける喉越しの良さ。
異なる特性を兼ね備えた、実に完成度の高い麺。


揚げたてのとり天は三個。
実は一つずつ中に具材が挟んであるのです。


せっかく別盛ですから、基本的には別々に食べた方が、それぞれの味が際立つのですが、一つはのせて食べてみます。


とろ玉天は半熟玉子の天ぷら。


箸で割ると、中から濃い色の黄味がトロリ。


これも半個はのせて。
といっても黄身が流出しないように要注意。
せっかくの旨い出汁は最後までクリアに温存したいからです。


もちろん、完食完飲です。


やっぱり間違いない、ここのうどん。
梅田エリアNo.1だと私が自信をもってお勧めできるお店です。
天ぷらが多かったので、かなり苦しくなりました。
蒸し暑い大阪ですが、身体は涼しくなりました。



↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ