2015年10月19日月曜日

職場の同僚が推奨する神田の焼鳥店をリサーチ。味とボリュームとコストパフォーマンスに納得の「中むら」

本社の職場の同僚T女史は、見かけによらぬホルモンヌ。
その彼女が「間違いないですよ」と推奨する神田の焼鳥店を、出張に合わせて調査することにしました。
前回も、新橋の清水aburiを紹介頂いて、その内容に大満足。
今日の調査対象は、神田駅西口から西口商店街を西へ。


商店街を抜けた外堀通りに面したビルの地下。
今日は飲み友達で大食いのNちゃんと待ち合わせ。


炭火やき鳥中むら


 予約の電話を入れた時に
「その日は10名様が二組で、カウンター席しかないんです」
と申し訳なさそうなお店の方のお話でしたが、私の感覚では、焼鳥はカウンターに座って、焼鳥が出来るのを見ながら食べるもの、と思っていたので違和感を感じていました。
しかし、それはお店に入って納得。
カウンターはとても狭く、しかもその日は、団体向けのテーブルレイアウトになっていたため。本当に我々二人以外は座れない状況だったのです。

とはいえ、そんなことは全く気にならないので、まずは生ビールで、久し振りの再会を乾杯。


突出しも出て来ました。


私のすぐ右手が焼き台。
ハンバーグのような巨大なつくねを焼いています。
あれは、後で絶対頼まなければ。


メニューを眺めます。
焼鳥はお任せはないそうで、好みのものを一本から頼めるスタイル。
それはそれで楽しい。


メニューの中から、とりあえず完熟トマト
不摂生な私たちに共通のキーワードは生野菜。


焼物はぼんじりレバーからスタートです。
塩にしてもらったぼんじりは、すばらしく脂がのってプリプリ。


レバーはもちろんタレで。


ひとつひとつが大きく、そして絶妙のレア。
口の中で蕩けるような食感です。


一気にビールを空けたので、二杯目は酎ハイ
甘くも酸っぱくもないプレーンが私の好み。


一品から、冷やしささみ
たっぷりのオニオンスライスに二人とも大興奮。
生野菜に対して過剰反応です。


ガーリックチップと一緒にポン酢で。
さっぱり。


しいたけも意見が一致。


細削りのかつお節が椎茸の上で踊っています。


ドリンクはハイボールにしました。
富士山麓 樽熟50°なので、 危険です。


これまた意見が一致したマカポテサラダ
マカサラとポテサラが合体した、酒飲みが泣いて喜ぶ夢のような料理。


ここで、しばらく前に頼んであった黄身つくねが焼きあがりました。


驚くべきビッグサイズ。
つくねというよりは、どうみてもジャンボハンバーグ。
これで390円。


巨大ですが、じっくりと焼き上げ、しっかりと中まで火が通っています。


フェイスブックのたまご同好会でも友だちのNちゃんの見事な箸捌きによる、温玉の流出動画。


早速たまごに絡めて頂きます。


みっしりと詰まった鶏肉は、弾き返すような歯応えです。


こちらはせせり
これも驚きの大きさです。
一本150円ですが、この店は2人に一本でちょうどいいのでは、と思ってしまいます。


ひな皮


カリッと焼けた皮は脂がたっぷり。
これは旨い。


新幹線まで、まだ1時間くらい飲めそうです。
再び酎ハイ


さすがに大食いの我々二人をもってしても、かなりの胃部膨満感。
焼鳥を食べるペースもグッと落ちて、まるで塩辛でもつまみながら飲むようなペースになってきました。
焼鳥はまだ残っているので、ここは日本酒を頂くことにします。
北陸ツーリング以来の日本酒マイブーム。


富山の純米吟醸幻の瀧


「日本酒にはこれが合いますよ」
とNちゃんがセレクトしたなすの揚げびたし
しかし、厨房が混んでいて出て来た時には、私はもう店を出なければならない時間。
慌てて一口だけ食べて、口の中をヤケドしました。


二人でしっかりお酒も飲み、お腹いっぱい食べたのに、想定外にお安いお会計。
Nちゃんとの再会を約し、私は外堀通りで客待ちをしていたタクシーに飛び乗りました。



関連ランキング:焼き鳥 | 神田駅小川町駅淡路町駅

心得た運転手さんは、日本橋口に車をつけてくれました。


新幹線ホームはここからすぐ。


結局最終。
何度も乗ったのぞみ265号です。


残念ながら茹で卵を売っている売店は15号車近くには無く、いつもの水割りだけ買って乗車。


静岡あたりから名古屋までは寝ていたようです。
新大阪に着いたのはもう0時近く。
今日は5時半に起きて、とても長い一日でした。
やはり出張は疲れます。


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


中むら焼き鳥 / 神田駅小川町駅淡路町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5