2018年5月3日木曜日

早起きして温泉の朝風呂に浸かってからの朝ご飯は格別。囲炉裏鍋の味噌汁が美味しい駒ケ根「ホテルやまぶき」

昨夜は信州の地酒を飲み過ぎました。
いつもなら部屋で寝酒するところですが、昨夜は食後に温泉に浸かった後、そのまま床に就きました。
そのせいもあってか、今朝は5時起き。
寝覚めもさわやかです。
誰もいない温泉の朝風呂にゆっくり浸かって、身体を覚醒させます。


朝ご飯は昨夜と同じお食事処の個室で。
既に用意されています。


お世話をして下さる仲居さんが、囲炉裏にかけられた大鍋に味噌汁の具をどっさりと入れます。
この旅館の朝の名物。


今日も義父の遺影をお食事処へ。
仲居さんがひとつ余分に湯飲みにお茶を入れて持ってきてくれたので、遺影の前にお供えします。


旅館の朝ご飯はおかずが多いのが嬉しい。


玉子焼きとわさび漬け。


サラダ。
生野菜は大事です。


切り干し大根。


冷奴。


鮭塩焼き。


エリンギのきんぴら。


お新香。


ご飯と味噌汁をつけて、朝食が整いました。


おかずが多いのでご飯が足りない気がしますが、炭水化物の摂り過ぎは要注意。
ここはグッと我慢です。


いつものようにオン・ザ・ライス。


時間に追われない朝食は実に贅沢。
今日はこの後、のんびり一般道で名古屋に帰るだけですから、もう一度温泉に浸かることにします。


ホテル やまぶき旅館 / 駒ケ根駅小町屋駅大田切駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.2