2018年6月6日水曜日

長い付き合いの酒場の大将が亡くなって悲しみの雨。通夜の帰りに京成立石「酒処 秀」に立ち寄って生ホッピーで一人献杯

今日は30年近い付き合いになる勝どきの酒場の大将の通夜。
残業で駆け付けるのが遅くなりましたが、焼香を上げて、お顔も拝ませてもらいました。
奥さんと跡取りの息子さんにご挨拶を済ませて家路につきます。
梅雨に入ったとはいえ、今日は涙雨。
もっと足繁く通うべきだった、と思っても遅いのです。
大将に献杯したい気分で、京成立石駅に降り立ちました。


北口から呑んべ横丁へ。


この町の数ある酒場の中でも私の波長が合うお店、酒処 秀


優しい奥さんが注いでくれる生ホッピーが抜群に旨いのです。
今日はからスタート。


亡くなった大将に献杯。


マカロニサラダ豚もつ煮込みを頼みます。


好物をつまみに、ゆるりと精進落としを始めます。


もつ煮込みには一味を振って。


ここの煮込みは、もつの脂がしっかりと感じられる濃厚なもの。
味噌仕立てとの相性も抜群です。


もちろんハムカツもマストアイテム。


ソースをかけて。


この店の親父の実家が肉屋だそうで、親譲りの揚げ物は実に旨い。
やや大きめのパン粉と絶妙の揚げ加減で、サクサクした食感もナイス。


生ホッピーにチェンジ。


私と10ほどしか違わない大将の訃報に接し、寂しさとともに、自分の年齢を痛感します。
酒も進んで、下町ハイボールへ。


「ちょっと野菜を摂らないとな」
と思い、きゅうりとナスとみょうがのサラダを頼みました。


我ながら珍しいチョイス。
夏野菜たっぷりのサラダに、身体も喜んでいるようです。


下町ハイボールをお代わり。
いつもなら、この後蘭州に流れて餃子をつまむのですが、今日は精進落としなので、ここ一軒にしておきます。


お会計を済ませて店を出ると、雨は一段と強くなっていました。




関連ランキング:居酒屋 | 京成立石駅青砥駅

居酒屋 / 京成立石駅青砥駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5