2018年6月7日木曜日

海鮮が手薄な虎ノ門ランチの選択肢となり得るか。新規開拓で「鯨の胃袋」をリサーチ

充実している虎ノ門ランチ事情ですが、海鮮系は意外と手薄。
焼魚など火が通ったものはそれなりにチョイスがありますが、刺身系は納得のいくお店が見つかりません。
そんな中、西新橋になにやらそれらしいお店を発見し、新規開拓を兼ねてのリサーチです。
鯨の胃袋というお店。


ちょっと高いですが、ランチの海鮮ひつまぶしというのが気になっていました。
他にも海鮮系があり、調査対象。


わかりにくい入口を入って、ビルの二階へ。


本来はオフィスビルなのかもしれません。


入口には夜のメニューがありました。
かなりの品数。


夜は海鮮の種類がかなり充実しています。
その実力をランチで確かめてみましょう。


レイトチェックインでしたが、そこそこ混んでいて女子率も高いので、期待が高まります。


ランチメニューは目玉の海鮮ひつまぶしの他、刺身、焼魚、煮魚などオールラウンダー。
店名からして、鯨のローストステーキ丼というのも気になります。


しかし、ここは初志貫徹で名物の海鮮ひつまぶしをオーダーします。


しばらくして出てきた料理は、迫力のボリューム。


茶漬け用の出汁も一緒に出てきます。


大盛のご飯にガッツリと海鮮がのっています。
今日は、長崎本まぐろ、三重活〆カンパチ、愛媛活〆真鯛、北海道地ダコ、根室生ホタテというラインナップ。


ゴマダレと山葵。


小鉢も海鮮の珍味風タタキです。


一度で4回楽しめる、というお店の口上に従って食べ進むことにします。


最初は醤油をかけて、そのままシンプルに。


海鮮丼そのものの味を楽しみます。


次は、手巻き寿司風に海苔に巻いて。


小鉢の海鮮タタキものせてしまいます。


第3段階はゴマダレ。
刺身につけて味変を楽しみます。


海鮮丼が半分ほどになったところで、お椀に移します。


鰹、昆布、野菜の旨味が詰まった出汁をかけます。


レンゲでワシワシと食べ進みます。
確かに味の変化が楽しめてお得。


ボリュームのある海鮮丼でしたが、お値段が高いのがサラリーマンには厳しいところ。
虎ノ門なら1,000円超えずにこの内容を提供してほしいところです。
私の「海鮮ランチ探し」の旅は、まだ続きます。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

鯨の胃袋魚介・海鮮料理 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.2