2018年6月5日火曜日

月例「下町はしご酒の会」ディープ小岩編② 「立ち呑み さくら」は「月曜から夜更かし」そのままの小岩ワールド

豚小家を出た我々は、怪しいホテル街をショートカットして、北口の西側へ移動します。


こちら側にも飲食店が広がっています。


細い路地を曲がった、その先。


立ち呑み酒場 さくら


立ち呑みといいながら、座り呑みもあり。


カウンター席の角に居場所をみつけ、ポジションを確保。
目の前には大皿に盛られたつまみが置かれています。
テンションが上がる演出。


お店を切り盛りするのは、ナイスなマスター夫妻。
一見の我々にも、毎日来ているであろうご常連と分け隔てのない接客が嬉しい。


店名のさくらに因んだご常連との花見の写真などから、地域密着型のお店であることが伝わります。


さっきは黒のシャリキンホッピーでしたが、今度は白ホッピーにしました。
ここはキャッシュ・オン・デリバリー。


乾杯です。


さくらという店名に似つかわしい、かわいいメニューです。


目の前に貼られたメニューも気になります。
更に、びっしりと積まれた升にも。
マイグラスかと思ったら、そうではなく、キャッシュ・オン・デリバリー用の升。
しかも升の中に前金の預け金が入っているようです。
これは斬新なシステム。


短冊メニューに「絶品 たまごやき」と書いてあったので、たまご好きの我々は思わず頼みました。
プレーン玉子焼きは驚きの100円


栃尾油揚げ260円


嬉しい納豆入りです。
やっぱり小岩は素晴らしい。


カミカツが名物だそうですが、そのカミカツを使ったカミカツカレーを頼みました。


薄い豚肉で作っているからカミカツ。
私の知っている他の下町大衆酒場でも見かけるメニューです。
安くて贅沢な気分をお客さんに提供できる料理ですが、大阪の串カツに通じるものがあるな、と思いました。


カレーがややマイルドなので、唐辛子を振って。


ナカをお代わり。


スーツを着てるのは私だけというアウェイ感。
お客さんたちの呂律がみんな回らないのは、飲み過ぎなのと、歯が無いことの両方でしょうか。
ここで子供にご飯を食べさせるファミリーや、些細な事でケンカを始めるオッサンもいて、「月曜から夜更かし」そのままの小岩ワールド。
そんなこんなもナイスで優しいマスターご夫妻の見事な客あしらいで収まるから不思議です。
後から来たヨレヨレのおじいちゃん、350円のホッピーがギリギリ飲める小銭しか無かったけど、大丈夫だったかなぁ。