2013年4月11日木曜日

松屋町筋のレトロ洋食屋「グリルABC」。都心のオフィスビルに囲まれた食堂でタイムスリップなオムライスとワンタンメン

会社帰りに所用で備後町の不動産屋へ。
普段行かない町に行くと、せっかくだからとその町のB級店に行きたくなります。

先日は伏見町中国料理 龍門へ行きましたが、今日は松屋町筋に面した平野町グリルABCへ。

オフィスやマンションの高層ビルに囲まれた角地の一等地。
代々の土地を決して手放さないという決意が感じられます。



木枠磨りガラス
私の経験値では、かなり間違いのない外観です。


家庭用のダイニングテーブルセット。
ビールはドブ漬け。
テレビはもちろんタイガース中継。
想像通りの店内に、期待は高まります。


メニューはいかにも昭和の町の洋食屋といったラインナップ。
甲乙付け難く、ちょっと悩みました。
そんな時は私の大好物オムライスを頼みます。
オムライスが美味しい店は間違いない、というのが私の尺度。


今日は絶対飲むまい、と心に決めていたのにあっさりとビールの大瓶を注文してしまいました。
これ一本ならいいよね、と自分に優しく。


同じタイミングで来た年配の男性一人客はビーフカツを頼んで一杯飲んでいました。

私のオムライスはそのビーフカツの後。


最初はケチャップがかかっていなかったので、かけてもらいました。
この方が美人。


オムライスを食べるときの私の作法。
解体と内視。


みっしりと詰まったチキンライス


グリンピースが顔を覗かせます。
彩りのアクセント。


もう一品食べようと決めていました。
中華そばです。
お母さんがお箸とレンゲを持って来てくれました。


ワンタンメンをチョイス。
ホール係のお母さんから
「ワンタンメンですよね」
と確認が入ります。


錦糸卵というのがいい。


チャーシューはもも肉なので固め。


肉の詰まったワンタンがゴロゴロっと入っています。



スープを一口飲んで嬉しくなりました。
懐かしい鶏ガラベースの醤油味。
複雑さを競うかのような最近のラーメンスープの対極、シンプルでありながら抜群の存在感を示しています。


主張し過ぎない細麺がこのスープと見事にマッチ。


当然完飲。
中華そばならたったの400円。
それでこの味。
見習うことが大いにありそうです。


大満足で店を出ました。
ここ数日大阪は冷え込んでいます。
少しひんやりした夜風を感じながら、ブラブラと自宅へと向かって歩きます。
天神橋から見える大川の桜は、散り果ての寸前。
しかし、その桜は最期の華を競っているかのようで、とても美しく見えました。





関連ランキング:洋食 | 天満橋駅北浜駅堺筋本町駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

グリルABC洋食 / 天満橋駅北浜駅堺筋本町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5