2016年10月30日日曜日

オープンして2ヶ月で早くも人気の行列店。勝田台の「中華ソバ 篤々」の煮干しラーメンはクリアに澄んだ優しい味わい

地元エリアで気になっていた、評判のラーメン店です。
9月にオープンしたばかりなのに、早くも行列の店だとか。
閉店は20時ですが、スープ切れで終了とあって、平日の会社帰りでは間に合わないので、日曜日に妻と三男と食べに来ました。


勝田台の中華ソバ 篤々


近くのコインパーキングに車を駐め、店先に置いてある順番表に記名して、案内されるのを待ちます。
冷え込んできた秋の休日にラーメン店でウェイティング。
熱いラーメンが早く食べたくなります。


30分待ってようやく案内されました。
順番待ちは更に増えていました。


私は特製煮干しソバを頼みました。
いわゆる全部入り。


生姜味もあります。
息子は煮干しソバの他に和え玉を頼みました。


カウンター席へ。
綺麗に磨かれた厨房。
期待が高まります。


東京蒲田の菅野製麺所の麺。


厨房を仕切るご主人とホール係の奥さん。
連携プレーでラーメンを仕上げていきます。


特製煮干しソバ


こちらは息子の煮干しソバ
チャーシューの枚数と味玉、たたみいわしが差になっています。


大きなチャーシューはレア。
スープの熱で次第に色が変わってくる仕掛けと見ました。


味玉とお麸。


たたみいわしも。


早速スープをひと口。
煮干しを標榜するだけに、それなりに濃厚な味を想像していましたが、意外と控え目でさっぱりとした味。
クリアに澄んだ優しい味わいです。


菅野製麺所のエッジの立った麺は喉越しも良好。


お麸というのはユニークな具材。
煮干しのスープが滲みて美味しい。


たたみいわしも煮干しスープの風味とよく合います。
店主も色々と研究したのでしょう。


卓上には胡椒ならぬ山椒。
これも煮干しとの相性を意識してのことでしょうか。


確かにマッチ。
面白い。


中盤で味玉に着手。


柔らかい味玉をムニュっと。


程よい半熟です。


息子が頼んだ和え麺。
2、3分で出来るので、頃合いを見て店主に声をかけます。
湯切りした茹でた麺に煮干しの出汁と油がかかって、薬味と山椒が振られています。


少し分けてもらいました。
このままでも十分美味しい。
しかし単品で注文できないので、ラーメンの他にこれも一人で食べるのはさすがの私でもヘビーです。


残しておいたスープにも入れてみます。
替え玉的な感覚。


クリアで優しいスープは完飲。


地元には煮干しラーメンで人気のユーカリが丘の和屋がありますが、こちらはまたテイストが違って、それぞれに良さがあります。
選択肢が増えるのは嬉しい限り。
再訪必至です。




関連ランキング:ラーメン | 勝田台駅東葉勝田台駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


中華ソバ 篤々ラーメン / 勝田台駅東葉勝田台駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5