2017年4月26日水曜日

虎ノ門の激辛中華「天然居」で日替わりのマーボ担々麺とハーフ炒飯セット。思わずむせる刺激的な辛さ

今日は辛い料理が好きだというFさんを四川料理天然居にご案内。


デフォルトでも相当な辛さの料理がラインナップされています。
日替りも充実で使い勝手のいいお店。


オオバコ店なので、あまり並ぶことはありません。
着席すると、注文に関わらずスッと出てくるミニサラダとココナッツミルク。
水では中和できない辛さなので、ココナッツミルクというわけです。


おっちょこちょいの私は紙エプロンが必須。
ホール係のお姉さんにリクエストします。


ふと見ると大好きなホッピーのメニューが貼ってありました。
きちんと金宮で押さえているところが好感度高し。


私が頼んだのはマーボ担々麺とハーフ炒飯セット


見るからにデンジャラスな色。


チャーハン。


麻婆豆腐を一口食べて、いきなりむせました。
辣油と山椒のダブルパンチ。
とくに唐辛子と山椒がかなり効いているので、それが喉にへばりつく感じです。


麺は中太。
ややボソボソとしたタイプ。
紙エプロン無しでは危険極まりない代物です。


美味しいのですが、再びむせないように慎重に食べ進みます。


もちろんオン・ザ・ライスでも。


なんとか寄り切りました。
じんわりと発汗。


デザートは杏仁豆腐。
ツルリと一口で。


「カラサ、チョウセツシマスカ?」
といつも聞かれるのですが、自称辛い物好きとしては、あえてデフォルトで頼んでいます。
むせかえるような辛さも、新陳代謝にはいいという考えです。
ただ、これから暑くなってくるとそうもいかないかもしれません。




関連ランキング:四川料理 | 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅

天然居四川料理 / 虎ノ門駅霞ケ関駅内幸町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5