2017年12月1日金曜日

明治37年創業の老舗「茅場町鳥徳」で、レトロな雰囲気を味わいながらの忘年会

今日の忘年会は茅場町。
場所は昭和レトロな茅場町鳥徳
うなぎと焼鳥を看板に掲げる老舗。


1904年(明治37年)創業ですから、建物こそ昭和レトロですが、実際は文明開化という表現の方が向いているかもしれません。
急な階段を上がって二階へ。


下足番がいるのが、今時珍しい。
二階の卓番号を書いた札を受け取り、案内された席へ。


畳も壁も、そして木枠の窓も実に風情があります。


友人が現れるまでメニューを眺めて組み立てを考えます。


ランチタイムは親子丼が人気のお店。
夜も頼むことが出来ます。


友人が来たところで忘年会をスタート。
生がモルツ香るプレミアムしか無かったので、角ハイボールでスタートします。



まずは焼鳥から。
せっかくなので鰻の肝焼きも頼みます。


鰻と焼鳥、というところが昔ながらの店らしく面白い。


しいたけせせり





レバー


絶妙のレア加減。


だし巻き玉子焼き
東京でだし巻きは珍しい。


角ハイボールをお代わり。
結構濃い目です。


もう少しつまみます。
ナンコツから揚げ
骨回りに肉が付いているので、コリコリというよりは、柔らかさすら感じます。
もちろん美味しい。


鳥鍋玉子入り
柳川風の器に入って出てきました。
真ん中には生卵。


卵を割って、具に絡めながら食べ進みます。


やや濃いめの味付けですが、ハイボールにはピッタリです。


締めは親子丼。
「二人で分けたいので、お茶碗をください」
と頼むと
「二つに分けてお持ちします」
という嬉しい答。
そういう要望が多いのでしょうが、助かります。


これも東京の老舗らしい濃い目のつゆ。
ふわとろの玉子とプリプリした鶏肉が白いご飯に合います。


すっかり満腹です。
今週から始まった忘年会シーズン、今年はちょっとハードになりそうな予感です。




関連ランキング:焼き鳥 | 茅場町駅八丁堀駅日本橋駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5