2014年12月29日月曜日

滅多に揃うことのない家族でファミリー忘年会。「銀座天龍」のジャンボ餃子で年忘れ

単身赴任の私と、アルバイトで忙しい息子たちとが一同に会する機会は滅多にありません。
まして、全員揃っての外食となると、もう一年以上前のこと。
今年は私の年末年始の休みが長いこともあって、この日のランチだけが家族全員揃うことができました。

たまには銀座でご飯を食べようということになり、B級グルメの私が推す銀座天龍でランチ忘年会となりました。


営業時間を事前に確認。
今日が営業の最終日だそうで、夜は19時で閉店。
でもランチはいつも通り11時半開店です。


長男以外はこの店に連れてきたことがあります。
入り口の巨大な餃子の看板は、いつみても迫力があり、ユニーク。


いつも行列の人気店。
コース以外は予約出来ないので、11時半の開店と同時にチェックイン。



しかし今日はすんなりと入店です。
ちょっと拍子抜けですが、冷たい雨の降る銀座に、年末の午前中から来る人も少ないのでしょう。


確かに銀座の街も人通りが少なかったです。


今時懐かしい硬券の食券。


まずは乾杯。
ここはエビスビール


一年間お疲れ様でした!


早速餃子が運び込まれました。
一人前8個を3皿。


この大迫力。


きつね色の焼き目も食欲をそそります。


ドライバーの妻は餃子ライス


炒飯も。


まるでバナナのよう。


大きさに注目されがちですが、餃子としてのレベルはかなりハイ。
餡はジューシーでややしっかり目の味付けも美味、皮もモチモチしています。


炒飯を取り分けて、オン・ザ・ライス。
最強のコラボ。


そばを追加しようということになりました。
セロリのとりそば五目焼きそばの柔らかい麺。


更に卓上が賑やかに。


五目焼きそばは、焼きそばというよりも、汁なし麺のよう。
底に溜まっているのは、上からかけた餡の汁。


旨味のある醤油味が濃厚です。


セロリのとりそばはさっぱり系。


巨大餃子を食べて脂っこくなっている口中がさっぱりとします。


私以外の四人は日頃共通の話題があるらしく、いろんな話題で盛り上がりますが、私だけが浦島太郎。
大阪の話を持ち出しても、イマイチ会話が広がりません。

まだまだ子供だと思っていた息子たちもそれなりに成長していました。
「親はなくとも子は育つ」
ということなのでしょうか。
こうやって全員揃って食事をする機会があと何回あるのかな、と思いました。



関連ランキング:餃子 | 銀座一丁目駅銀座駅京橋駅

食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ