2015年10月4日日曜日

7泊8日北陸ツーリング①【1日目】 急峻な断崖が続く越前海岸沿いを快走し、旅の最初のランチは三国町「お食事処 田島」で豪華海鮮丼

一週間お休みを頂き、今日から北陸ツーリングに出かけます。
大阪に赴任してからは、初めての北陸路。

北陸自動車道を敦賀ICで下りて、国道8号線へ。
敦賀湾が左手に見えます。


山側を走る国道8号線と別れて、国道305号線、通称しおかぜラインにハンドルを向けます。



車の量は俄然少なくなり、バイクが多くなります。
荒々しくも美しい越前海岸を横に見ながら、ワインディングが続くコースは、まさにライダー向けの道なのです。


大きな岩が海になだれ込むようにせり出し、風と波の侵食で岩に穴がぽっかり開いた洞穴。
長い年月をかけてくりぬかれた自然の大トンネル、呼鳥門は越前海岸を代表する景勝地です。




更に国道305号線を北へ。


弁慶の洗濯岩
海蝕を受けてできた様々な紋様が織り成している奇岩です。
源頼朝の怒りに触れ、追われる身となった弟義経と弁慶主従一行がこの地を通ったとき、旅衣を洗い旅の疲れを癒したと伝えられています。






越前海岸を快走した先は、福井平野。
九頭竜川が日本海に注ぐ河口そばにあるお食事処 田島でランチです。


向いにある田島魚問屋が経営する食堂。


暖簾をくぐって店内へ。


カウンター席に案内されました。
12時少し前。
この後、一気にお客さんが現れ、行列となりました。


窓の外には漁船が見えます。
いい雰囲気です。


福井県では県をあげていろんな丼を観光資源としてPRしています。
福丼県とは、言い得て妙。


もちろん米どころですから、丼物は美味しいのは必然。


カウンターの目の前で、続々と丼が作られていきます。
手際良い流れ作業。


カニ・甘えび・マグロののった海鮮 極味膳というのも魅力的。


しかし、当初のリサーチ通り、ここは海鮮丼にします。


15分ほどで私の海鮮丼が出来ました。


すごい量の海鮮。
具が多過ぎてご飯が見えません。


お吸い物にもエビが一尾。


丼の甘えびは、なんと四尾。


イクラ、ウニ、甘えびの子。


カンパチ、マグロ、ホタテ、サーモン・・・他にもまだ隠れているようです。


かきわけてみると、イカも現れました。


トロトロの甘えび。


ウニもイクラも、遠慮せずに豪快に食べ進みます。


旨い。
旨過ぎます。


普通、この手の丼はご飯に比して魚が少なく、ライスコントロールが難しいのですが、ここは逆の意味で難しいライスコントロール。


ご飯が足りなくなってきました。


なんとか最後はアジャストして食べ終わりました。


振り返れば、店の外に行列が出来ています。
天気も良いし、旅の最初のランチは旨いし、これはいいツーリングになりそうな予感です。



関連ランキング:かに | 三国港駅三国駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


お食事処 田島かに / 三国港駅三国駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5