2016年2月19日金曜日

同じ部署出身の異動先の同僚たちからの歓迎ランチは、昔懐かしい東銀座のシチュー「エルベ」でミックス玉子入り

以前私がいた部署出身の同僚が、異動した新しい部署にもいます。
今日は、その4人からの歓迎ランチ。
幹事のAさんがセッティングしてくれたのは、懐かしい東銀座のシチューのお店、エルベ
昔会社が築地にあった頃は、ちょくちょく通ったものです。
その当時は歌舞伎座の裏にありましたが、今はマガジンハウスの裏。
私も今の場所に引っ越してからは、まだこれで三回目。
もちろん転勤中はご無沙汰でした。
夜は、ちょっとした料理でワインも飲めるスタイルで営業しているそうです。


当時とは代替わりしていますが、メニューは不変。
シチューとご飯、漬物が付くシチューランチ
お値段は高めで、ちょっと贅沢です。
オーダーは、昔も今もミックス玉子入りで、全員決まり。


最初に漬物が出てきます。
懐かしいキャベツの漬物。


昔話をしているうちに、土鍋に入ったシチューが出てきました。


グツグツと煮えています。
うっかり食べたら大やけどです。


これで1,900円。
若いころはシチューの大盛りを食べていました。
「昔は必ずビール飲んでたよね」
と、また昔話。
そういうジェネレーションですから、仕方ありません。
当時はもう少し安かったとはいえ、ビールも飲んで2,000円を超えるランチを食べていたことになります。
「よく、そんなお金があったよね」
と皆、自分のことながら不思議です。
若手のW君以外は全員バブル期以前の入社組。
あの時代は、いったいなんだったのでしょう。


ご飯はお代わり自由ですが、もうその手には乗りません。


ミックスとは、ビーフとタンのこと。
濃厚なドミグラスベースのシチューとご飯を定食的に供するところが、何とも昭和の洋食屋でした。
今は移転して洒落たカフェ風の造りですが、当時は民家を改造したような古い木造の店。


もちろんオン・ザ・ライス。


玉子は出てきたときは半生ですが、次第に固まってきます。
半熟状態を見計らって、崩します。


玉子の甘みが濃厚なシチューとよく合います。
今日は5人中3人が女性とあって、私もお話ししながら、ゆっくりと彼女たちのペースに合わせていただきます。


何とも懐かしい店で、懐かしいメンバーと、懐かしいランチ。
今の部署は、広い意味では同じとはいえ、大きな組織なのでやっていることも皆違います。
近況報告や情報交換の話題は尽きません。
ついつい長居してしまいましたが、追い出されることはありません。
かつてのように行列ができるほどではないのは、やはりお高いランチだからでしょう。
「お茶飲みに行きましょう」
と誰からともなく誘い合い、すっかり変わった東銀座の町で喫茶店を探しました。




関連ランキング:ダイニングバー | 東銀座駅新富町駅築地駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


エルベダイニングバー / 東銀座駅新富町駅築地駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5