2018年2月11日日曜日

印西「白鳥の郷」までサイクリング。ランチは県道291号線沿いのアットホームな町中華「喜楽」で味噌ラーメンと半チャーハン

雨の予報だった天気予報が外れて、朝からいい天気。
気温も上がりそうなので、愛車キャノンデールシナプスのサドルに跨りました。


印旛沼サイクリングロードを北へ走ります。


先月も来た印西市本埜の「白鳥の郷」


前回来た時は、白鳥たちはどこかに遊びに行ったいたようで、あまり見ることができませんでしたが、今日はたくさんいます。


今年の飛来数は891羽。


優雅に泳ぐ白鳥を眺めていると、時間はいつの間にか過ぎていきます。


時計を見ると、そろそろ12時です。
白鳥の郷からほど近い県道291号線沿いにある町中華喜楽へ。


インスタグラムで知ったお店に早速訪問です。


テーブル席と小上がり。
意外とオオバコのお店です。
テレビは、ピョンチャン・オリンピックではなく、なぜか競輪。
どうやら年配のご常連がお好きなようです。
昼間から酒を飲んで、お店の方と上機嫌で話しています。


お店は年配のご夫婦と息子さんで切り盛り。


メニューはラーメンやチャーハンといった中華料理と、炒め物や揚げ物の定食。
壁にはおつまみになりそうな一品のメニューも貼られているので、飲みにくる人も多いのでしょう。
確かにこのあたりは飲み屋も無さそうです。


半チャンラーメンを頼もうと思って来たのですが、味噌ラーメンにロックオン。
半チャンラーメンは醤油ラーメンだというので、味噌ラーメン半チャーハンという組み合わせにしました。


出て来た半チャーハンは丼に入っています。
想定外のプレゼンテーション。
半チャンとはいえ、スープがきちんと付いてくるのは嬉しい。


しかし、この半チャーハン、どう見ても一人前ありそうです。


続いて味噌ラーメンも到着。
巨大な丼にナミナミと入っています。
これまたすごいボリュームで、1.5人前はありそうです。


たっぷりの野菜炒めがのっています。
実に美味しそう。


豪快なランチになりました。


またもや摂取カロリーが消費カロリーを上回るサイクリングランチ。


まずはスープをひと口。
味噌の味付けがちょうど良く、久しぶりの味噌ラーメンは納得の滑り出し。


味噌ラーメンには七味を振って。


チャーハンはしっとり系ですが、なかなか旨い。


味噌ラーメンの炒め野菜の下から麺を引きずり出して、啜ります。
細めのやや縮れた仕入れ麺ですが、すごいボリューム。


たっぷりの野菜炒めもかなりの量。
野菜不足解消には有難いのですが。


半チャーハンに付いてきた中華スープには大きなナルトが入っていました。
いかにも町中華らしい。


ラーメンは食べても食べても減りません。
「食べきれないかも」
という不安が脳裏をよぎります。


それは半チャーハンも同じこと。
北総の田舎にある食堂は、どこも全般的にボリュームが多く感じます。
農業の方が多く、がっつり食べるからでしょうか。


このあたりでギブアップ気味。


なんとか寄り切りました。
苦しかったですが、美味しかったし温まりました。
味噌ラーメンにして正解でした。


その後も続々とお客さんが現れ、お互いにご挨拶をしています。
この店は、ご近所の社交場になっているようです。
皆さん日曜日の昼酒を楽しみながら、お店の方と和気あいあいと話しています。
お会計の時に奥さんから「どちらから来たの?気を付けて帰ってくださいね」
と優しいお言葉。
同じタイミングでお会計をしたご年配の男性客からは
「足腰は鍛えた方がいい。足からくるからな」
と言いながら、そうとうフラフラしていました。
私よりも、このおじいさんが無事に家に帰れるかどうかが心配です。




関連ランキング:中華料理 | 小林駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.3