2018年4月25日水曜日

残業帰りに途中下車して大衆ホルモン「タツ屋 船橋店」で一杯。ホッピーともつ煮込みからスタートして、千原せいじ命名の名物「船橋ロール」と下町ハイボール

今日は残業になりました。
昨日も遅かったのですが、大事な会議が無事終わった祝杯も兼ねてひとり酒。
船橋駅で途中下車して、北口の大衆ホルモン酒場タツ屋 船橋店に足を向けます。


店内はほぼ満席の賑わい。


私はカウンター席に案内されました。


目の前にはおすすめセットのメニューが貼られています。
西船橋店も似たようなセットがあったので、タツ屋の共通システムなのでしょう。


しかし、私はセットメニューにはせず、白ホッピーミニ煮込みからスタートします。


一味を振って。


ミニサイズでもひとりなら十分。
味噌仕立てのもつ煮込みは実に旨い。


もつ焼きを頼みます。
好物のカシラを塩で。


曲名は思い出せませんが、BGMが昭和アイドル歌謡曲なのは、店主が私と同世代の証。
ホッピーも進みます。


ナカをお代わり。
ジョッキを渡すと、氷とナカが入って戻ってくるシステム。


ここでもう一品、この店の名物料理を頼みます。
千原せいじ命名の船橋ロールです。
「大きいけど大丈夫ですか?」
と店員に聞かれます。
普通は一人には多いのでしょうが、私は普通ではありませんから大丈夫なのです。


しばらく待って出てきた船橋ロール


確かに言いえて妙なネーミング。
ロールケーキのようなプレゼンスです。


中はさすがにケーキのようにクリームが入っているわけではありません。


炒めた豚肉を刻みキャベツでくるみ、それを薄焼き玉子でオムライスのように包んだもの。
確かに大きいですが、これで450円は実にリーズナブル。


玉子にはお好み焼きのようにソースとマヨネーズがかかっています。
大阪の屋台で売られているとん平焼きキャベツ焼き箸巻きの混合のようなものでしょうか。
私の大阪人魂のサムシングを揺さぶる一品です。


今日は船橋でハシゴ酒のつもりでしたが、ここで腰を据えて飲むことにします。
次のアルコールは下町ハイボール
この店では特製ハイボールといいます。


ジョッキには梅エキスで割った焼酎甲類。
コダマサワーの炭酸と一緒に運ばれてきます。
ホッピーとは逆ですが、ナカとソトの組み合わせ。


極めて東京の下町らしい酒を、極めて大阪の下町らしいつまみで合わせる妙。
これで日頃の野菜不足も一気に解消する、と考えるのが酒飲みの浅はかさ。


ナカをお代わりして二杯目の下町ハイボール


今日4杯目。
疲れもあって、酔いも回ってきました。


すっかり満腹。
気分はほろ酔いでご機嫌です。
センベロではありませんでしたが、二千ベロのお会計を済ませ、やたらと元気な声の従業員たちに見送られて店を後にしました。
今日は然程遅くならずに家に帰れそうです。




関連ランキング:居酒屋 | 船橋駅京成船橋駅東海神駅

タツ屋 船橋店居酒屋 / 船橋駅京成船橋駅東海神駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5