2019年6月24日月曜日

十条センベロはしご酒① 類さんも康子さんも来た「食堂飲み」の名店「天将」


今日は十条でセンベロはしご酒企画。
時間休を取って17時に現地集合です。


埼京線の小さな駅前ロータリーは、23区とは思えない長閑な雰囲気。


かの名店「斎藤酒場」も、駅からすぐ。


一足早く着いた私が向かったのは十条銀座のアーケード。


ここに吉田類さんも倉本康子さんも来た、食堂飲みの名店「天将」があります。
中休みを挟んで、夕方の部は16時から。
ラストオーダーは19時半と早いので、今日は早めのスタートにした次第。


食品サンプルの並ぶショーケースが、何ともいい味わいを見せています。


暖簾をくぐれば、そこは昭和にタイムスリップした空間。


既にご年輩のお父さんたちが、良い案配に出来上がっています。


私はナカが濃い白ホッピーを飲みながら、飴色の店内を眺めたり、ぼんやりとテレビを観たりして、人待ちの時間を過ごします。


そこへOさんが到着し、乾杯。


すっかり変色した食品サンプルから料理をセレクトします。


定番のいりぶたはナポリタン的な味付けの豚肉と玉ねぎの炒めもの。


山かけオムレツも頼んで宴の始まりです。


ナポリタンも気になっていたのですが、いりぶたとオムレツに添えられていたので、それで十分満足。


こういう店では外せないしゅうまいハムカツも押さえます。


ミッシリした肉感のしゅうまい、たまご感がハンパない衣のハムカツに、にチェンジしたホッピーも進みます。


二人とも「ダイエット宣言中」なのに、序盤からいきなりのハイカロリーです。
エンジンも温まったので、@5,000円の軍資金からお会計を払って、まだ明るい表に出ました。


関連ランキング:定食・食堂 | 十条駅東十条駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5