2012年4月18日水曜日

福島の人気店「つけ麺 紋次郎」で極太麺のあつもりを大盛で


教習所通いが始まり、福島での晩ご飯開拓が始まりました。
イタリアンやバル、居酒屋などひねりの効いた店がしのぎを削るホットスポットですが、まずは好物のラーメンを攻めてみようと決めました。

先日の烈志笑魚油 麺香房 三くに続いてのラーメン店はつけ麺 紋次郎
再開発の高層ビルの足元に広がる入り組んだ狭い路地の一角にあります。
いかにも福島らしいちょっと辿り着きにくい場所。


人気の行列店なのですが、21時前というのがタイミングが良かったのかすんなりと入店。


入口のメニュー看板。
つけ麺一本勝負です。


私はつけ麺あつもり大盛で。
半熟煮玉子もトッピングでオーダー。


卓上の調味料類。


つけ麺の食べ方の解説。
東京でラーメン、つけ麺を散々食べ歩いた私にとって違和感のある解説。
大阪ではつけ麺というのはまだ珍しいスタイルのラーメンなのでしょうか。


極太麺の濃厚つけ汁つけ麺を食べるとあればエプロンは使いましょう。
いつもかならずシャツに飛ばしてしまいますから。


番手のかなり大きい極太麺を使用しているようです。
これも行列が伸びる一因。


清潔な厨房では若いご主人が無駄のない動きで段取りを整えています。


10分ほどしてまず半熟煮玉子が別皿で出てきました。
いい色艶です。



そして主役が登場。
つけ麺大盛


おや、汁に浸かって出てきました。
これは私も初めて見ました。
あつもりを冷まさないためなのか、珍しいプレゼンス。


一方のつけ汁はすっかり東京ではポピュラーな濃厚豚骨魚介系
いわゆるドロリ系です。


半熟煮玉子を投入。
ズブズブと沈んでいきます。


卓上のゆず香味料生たまねぎも入れました。


極太の縮れ麺とつけ汁の絡みも良好。


 麺を食べ進むと屋号が見えてきました。


完食後にはお楽しみのスープ割り。
卓上の魔法瓶からスープを入れます。


頼めば出してくれる焼き石。


これをスープ割りのスープにジワリと浸していくとスープが再び熱くなるのです。
シズル感のある写真を撮ろうと思ったら、猛烈にスープが跳ねて撮影どころではありませんでした。


個人的には三くの方が好きだな。
帰りは行列が出来ていました。





関連ランキング:つけ麺 | 新福島駅福島駅中之島駅


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ

紋次郎 福島本店つけ麺 / 新福島駅福島駅中之島駅

夜総合点★★★☆☆ 3.2