2012年11月29日木曜日

職場で結成した「京阪会」の第3回会合。枚方「ワインハウス サノヤ」~バー「JULEP」で地元談義に花が咲く

職場の仲間で私が結成した京阪会
枚方出身の私と同郷の方や京阪本線を利用している方々がメンバーです。
今日は5人のメンバーのうち、二人が在住、二人が出身という枚方で開催となりました。
渡辺橋駅から約40分、枚方市駅に到着。


懐かしい北口。
北河内らしい光景。


京街道の要所であった枚方の宿場町。
その名残が残っています。



昔の佇まいを残す一角。


枚方名物どら焼きあかつきを売る呼人堂


旧街道を枚方公園に向かって歩いて行くとサノヤ酒店があります。


酒屋を中を抜けるとそこが今日の会合場所、ワインハウス サノヤ


ワインセラーがガラス張りになっていて、入室も自由。
気に入ったボトルがあれば525円追加で飲めるシステム。
つまり酒屋の小売価格に525円足せばどんな高級ワインも飲めるわけです。


こちらは京阪本線側から見たお店の別テイク。



オードブルが出てきました。
美しい彩り。


スタートはオーストラリアのスパークリングワインから。
指定がない場合はバジェットと希望のワインタイプを言うとマスターがオススメを数本持ってきて解説してくれます。
ワイン初心者にもありがたいお店。


かなり重たい赤ワインがベースなので泡が上がってくるところが見えません。
しかし口に含むと見事にはじけて口の中いっぱいに広がります。


卓上にはクラッカー


鯛のカルパッチョ


ワインは白に。
ニュージーランドのソーヴィニヨン。
キリっとした味わい。


カニの身がいっぱいのったパテ風の料理。


メインに合わせてイタリアの赤、バルベラ。
しっかりしたボディ。


豚肉のグリル


ワインがトマトソースとチーズにもピッタリ合います。


最後はパスタ
野菜たっぷりのアーリオ・オリオ。


マスターがチーズを削ってくれます。


デザートはグレープフルーツ
ゼリーと果肉がグラスに。


コーヒーでまったり。


枚方にこんな店があるとは出身の私も驚き。
メンバーの一人、枚方公園在住のM部長のご案内で二軒目へ。




関連ランキング:ワインバー | 枚方公園駅枚方市駅


ワインハウス サノヤワインバー / 枚方公園駅枚方市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


サノヤからブラブラと枚方公園まで歩いてきました。
M部長推奨のバーJULEP
住宅街に忽然と現れる一軒家レストラン。


私がこの町に住んでいた頃はもちろんありませんでした。


店内は吹き抜けで意外と広々とした空間。


私はハーパーのソーダ割りを。


「枚方のあの頃と今」という極めてローカルな地元ネタで大いに盛り上がりました。
3杯飲んでそろそろお開き。



関連ランキング:バー | 枚方公園駅枚方市駅


JULEPバー / 枚方公園駅枚方市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.1


帰りは枚方公園駅で解散。
ひらパーとして知られるこの駅は私の実家の駅でもあります。


しっかり飲んで時計はいつの間にか22時半。
目と鼻の先の実家には顔を出さず、自宅の南森町へ戻りました。



↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ