2013年2月6日水曜日

九条「小川下」で名物草鍋を囲んで懇親会。松島新地を社会見学し西九条駅ガード下「福家」で仕上げ。〆はもちろん「ホワイトラベル」

支社の別部署の同期T局長と一献やろうという企画。
彼の部署のS次長、M部長、私の同僚のM部長を交えた懇親会。

私と非常に嗜好が近いT局長と「下町居酒屋に行きたいね」と話していましたが、草鍋を食べに九条に行く事になりました。

地下鉄中央線九条駅から千日通商店街へ。


商店街に入って程なく左手に店が現れます。


ちゃんこ鍋の小川下(こかげ)


年季の入った昭和居酒屋。
二階には座敷があるオオバコの店。


既に鍋はセットされています。
料理は草鍋一種類。


山のような野菜。
お店ではちゃんこ鍋と言っていますが、お客が付けた草鍋という通り名がいつの間にか定着したとか。


こちらは本日の小鉢。
この中から好きなものをチョイス。
これは鍋代とは別。
メニューなどありません。


早速ビールで乾杯。


卓上には取り鉢がセットされています。
醤油辛子というシンプルなもの。
しかも醤油は何の変哲もないキッコーマン


鍋が煮えて来ると次第に野菜に火が通って体積が減っていきます。


ホール係のおばさんが時折巡回してチェック。
そろそろ食べ頃。


野菜はしろ菜もやしにら


春雨も私の好物。


この店の雰囲気と料理なら燗酒
危険な予感です。



サービスで塩昆布山椒をツマミで。
れんげ置きに入って出てくる所が面白い。


野菜が無くなると下から豆腐豚肉が出てきます。
豆腐に巻きつけるように豚肉を仕込んでいるそうで、豚肉が固まりになっています。
それをほぐしながら取り分ける仕組み。



もう二人前追加することにしました。
出汁も追加で入れてくれます。


楽しい会話も鍋を囲めば更に弾みます。


燗酒から芋焼酎のロックに切り替え。


いい出汁になってきました。
これだけでも美味しい。


〆は雑炊です。
おばさんがご飯を投入。


煮詰まってきたらアクを取って溶き卵を入れます。


いい感じで出来上がり。


お新香も。


やっぱりこれだなぁ。


帰る時にはもう看板で、暖簾が仕舞われていました。


ここから少し社会見学。
ナインモール九条を横切るとそこには松島料理組合の看板。


通称松島新地
飛田新地と同じ料理旅館という仕組み。


飛田ほど店の数はありませんが、通りが広くゆったりしています。
あちらはさながら映画のセットかテーマパークのようですが、こちらは非常に自然な感じ。
とはいえ、やはり平成の世には不思議な光景である事に変わりありません。
大阪府条例により特殊浴場を禁止した結果、その手の商売はこのような形で生き延びているという大阪のディープさを実感します。


女ある所に男あり。
男ある所に飲み屋あり。
九条はそうして発展した町。


さて5人は次なる飲み屋を目指して歩き始めます。




関連ランキング:ちゃんこ鍋 | 九条駅(阪神)九条駅(大阪市営)ドーム前駅

人気の無い中央大通を横切り安治川方向へ。


キララ九条商店街という妙に可愛らしい名前の商店街。
もちろんこんな時間に歩いている人は皆無。


この先がかの有名な九条OS


T局長が私を是非連れて来たかったという白雪温酒場(しらゆきおんさかば)
すっかり綺麗になって往時の風情は無くなったと嘆いていました。
残念ながら満席で入れず。


ここまで来たら西九条で飲もう、ということになりました。
源兵衛渡安治川を渡るのです。


といっても船ではありません。
エレベーターで降りて渡る人道トンネル。


安治川の両岸は特に往来が盛んで渡船運航は困難を極めました。
運搬船が頻繁に行き交い、渡船はその航路を横に遮るためです。
一方で船舶の高さとの関係から架橋も容易ではないとのことで、昭和初期、全国でも類を見ない河底トンネルが計画されました。
特に渡航量の多かった源兵衛渡跡に1935年(昭和10年)から建設が始められ、戦時中供出された鉄材を受けてまで工事は進み1944年(昭和19年)に完成したのです。


そんな歴史など知らない若者たちが利用する深夜帯。


西九条駅のガード下にある飲み屋街。


OK18番街
飛び込みの飲み屋を物色するS次長とその後ろを歩くT局長はさながら若頭と組長風情。


ここが良さそう、と飛び込んだ串・一品料理福家


相当年季の入った渋い店。
これは当たり。


黒霧島をロックで。


ランチはカレーがウリらしいので、ツマミでカレーを出してもらいました。
何でも言いたい事は言った方がいいのが大阪


更にハイボール酎ハイと飲み進み今日は相当なチャンポン。
すっかりアルコールが回った5人は仕事の話や関西支社のオフレコ話で盛り上がります。
懇親会の趣旨はしっかりと達成しました。

西九条から環状線に乗り、それぞれの家路へ。



福家居酒屋 / 西九条駅千鳥橋駅九条駅(大阪市営)

夜総合点★★★☆☆ 3.0


別部署のM部長は私と家の方向が同じ。
支社でも一、二を争う宵っ張りで呑兵衛の彼が「もう一軒行きましょうよ」と言うので、自宅近くのホワイトラベルへ連れてきました。
この一週間で5回です。


想定外の長酒で飲み過ぎましたが、業務で繋がりの深い部署のキーパーソンの方々との関係作りとしては実に良い会でした。


1時になったので、いつも家に帰らないM部長を自宅に帰すために私も店を出ました。



↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ