2013年2月8日金曜日

帰省に合わせてオフ会。船橋「一平」〜勝田台「角一」のゴールデンコースを堪能

週末は千葉の留守宅に帰省。
新幹線の車窓から見える美しい富士山


今日はいつも私のブログを読んで下さっている食べログレビュアー仲間のSさんとオフ会。
Sさんは私と同じ京成線沿線。
まだ未訪という沿線の名店にご案内することにしました。
もっとも行きたいのは自分なのですが。

一軒目は船橋の路地裏にある居酒屋一平



私が最も好きな居酒屋ですが、実に1年以上ぶりの訪問。


相変わらずの混雑ですが、行列は覚悟の上。



15分ほどで席が空きました。
煮込み鍋の前の特等席。
何度も来ていますがここに座ったのは確か二回目。
Sさんにはラッキー、幸先の良い飲み会です。


まずは生ビールで乾杯。


最初は定番の煮込みから。




煮玉子


しっかりと味が滲みています。


これも名物、まぐろの脳天刺し


やっぱりホッピー
大阪ではなかなか置いていません。


マカロニサラダ


くじらの竜田揚げ


大根煮
一切れがデカイ。


ホッピーナカをお代わり。


久しぶりに来た一平はいつもと変わらない時間が流れていました。
ここに身を落ち着けてゆるりとした時間に身を任せていると、自分が今大阪で暮らしていることが不思議に感じてきます。


関連ランキング:居酒屋 | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅


一平を後にして京成線勝田台へ。
Sさんの最寄り駅でもあり、私の通勤の乗り換え駅でもあります。
駅の南東に広がる勝田台駅前東商店街
ここに本日二軒目の名店があります。


場末感漂う飲食店が並ぶ一角にある雑居ビル。


やきとりとお酒角一


やきとりと言いながら実はもつ焼きの店。



玄関先にうず高く積まれたホッピーのケース。


この店は昨年10月に地元に住む会社の先輩と休日飲みに来て以来。
ガテン系中心の漢の店なのですが、ここ数年はネットで有名になり客層も広がりました。
かつてはすんなり入れたのですが、今は人気が出てなかなかハードルが高くなってしまいました。
贔屓の店が繁盛するのは嬉しい半面、ちょっと困ったことにもなります。

寒風の中20分待って20時40分にようやくカウンターが2席空きました。
2階では宴会をやっているようです。


まずは三岳のロック。
450円という驚きの値段。


突き出しのマカロニサラダ


いつも頼む自家製のぬか漬
味の素が味を引き立てます。


豚モツは初めてというSさん。
ハツ刺しにしようかと思ったのですが、ハツは既に終わり。
そこで最初はタン刺し


ごま油でいただくことにしました。


カウンターの上のゴチャゴチャ感がいい感じ。


もつ煮込み


味噌の加減が良く、初めてのSさんも「美味しい」と食べています。


ウイスキーハイボールにしました。


レバはタレで。


コリコリのナンコツ
塩で。


更にもう一杯、酎ハイ
Sさんとは食べ物談義からブログの話まで会話が弾みます。


飲み始めて4時間近く。
すっかり盛り上がりましたがお腹も一杯で酔いも回ったのでそろそろお開き。
勝田台駅前でSさんとお別れし、私は再び京成線の車中の人となりました。

関連ランキング:もつ焼き | 勝田台駅東葉勝田台駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ