2013年4月6日土曜日

やきとんとホッピーを求め、息子たちを連れて猛烈な嵐の中を外出。勝田台「角一」で親子飲み

日帰り出張続きで、留守宅に帰ったのは久しぶり。
妻はK-POPの追っかけで博多にいるらしく、息子たちが留守番。
折からの強烈な低気圧の接近で「外出は控えてください」とニュースでも呼びかけ。
しかし、私も息子たちもどうしても行きたい店があったので、嵐の中を外出することにしました

自宅の最寄駅から三駅、勝田台駅前の角一


17時開店。
我々は15分過ぎに来ましたがほぼ満員。
この後すぐにいっぱいになりました。
酒飲みに天気など関係ないのです。


この強烈な場末感が魅力。


突き出し
前回見かけなかったので心配していたお母さんが、元気にホールをまかなっていました。
一安心。


生ビール
ここはジョッキがキンキンに冷凍してあるのが嬉しいです。


ウーロンハイを頼んだ息子には昭和レトロなトーイン(東京飲料)の烏龍茶。


まずはモツ刺から。
タンレバー
にんにく醤油塩ごま油で。


鮮度抜群。
旨すぎる!


じゃこおろし
ここはなんでもお椀に入って出てきます。


イワシの刺身を頼みました。


やきとんがウリの店ですが、実は刺身も美味しいのです。
いい仕入れルートを持っているのでしょう。


私はホッピーにチェンジ。
大阪ではなかなか置いている店がないので、しみじみ美味しく感じます。


もつ煮込み


初めて食べる息子は大感動。


みょうがをアテで。



焼き物を頼みます。
アブラニンニクダレで。


レバタレ


ホッピーナカを追加。


タン


カシラで。


息子の希望でアジのタタキ


たっぷりの生姜醤油をかけて。


アブラを再び。


ししゃも
マヨが添えられているのがいい感じ。


白菜の浅漬
お母さんに味の素を頼みました。
「かかってますよ」
「ええ、知ってます。でももっとかけたいから」


禁断の冠雪。


生ホタルイカ
息子たちの食欲は大したもの。


鮮度抜群。


外の天気はますます荒れ模様になってきました。
私は三岳のロックを。


たこ酢


もつ煮込みもリピ。


最後はレモンハイ
もちろん割り物はトーインでした。


いつの間にか息子たちは青年となり、それに比例して私も壮年になりました。
単身赴任で離れているのでお互いの近況報告を。
父が早逝した私は、こうした親子呑みの機会がなかっただけに、なんとも不思議で嬉しい気分です。
いつか息子たちが今日の出来事を懐かしんでくれたらいいなぁ、と思いました。




関連ランキング:もつ焼き | 勝田台駅東葉勝田台駅

↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ