2013年6月29日土曜日

都島「新徳」で止まり木の飲み仲間と夏ふぐ宴会~仕上げの「ホワイトラベル」で驚きの出会い

行きつけのバーホワイトラベルの常連H夫妻からまた飲み会のお誘い。
今回は奥さんの郷里大分県佐賀関の同級生が経営する都島新徳へ。


予約のみ、一見さんお断りの店。
以前、夏場は休業していたそうです。
今回はHさんからのお願いで夏ふぐを仕入れてもらい、ふぐコースを食べさせていただくことになりました。


店内はカウンターと小上がり席。
狭い店内にところ狭しとものが置かれていますが、一日一組しか客を取らないからこれでいいそうです。


H夫妻、Nさん、もうひとりのNさん、そして私の5人。


ビールで乾杯。
まだ17時という明るい時間から飲む背徳感が昼酒の良さ。


水には大根が切って仕込んであります。


まずはふぐ皮ポン酢から。


ビールの後は持ち込みの魔王
同級生ということもあって、特別許可。


てっさ


やっぱり大阪の味。


薬味をポン酢に入れます。


てっちり用のポン酢と共用で。


ふぐといえば皮。
三層に分かれていて、「身皮(三河)遠江(とおとうみ)、真皮と言うんです」と大将。
これは三層目の身皮(三河)に引っ掛けた駄洒落。
調べてみればふぐの調理師の世界では知られた話のよう。


一番内側の三層目の皮、身皮(三河)
これは15秒湯にくぐらせます。


二層目の遠江(とおとうみ)
これは2、3秒でOK。


一番外側の皮。
真皮も2、3秒で。


そろそろてっちりへ。


部位によって食べごろの時間が異なるので最適な加減になるように大将が入れてくれます。
普段は自慢の美人の奥さんの担当だとか。
残念ながら奥さんは今日はお休み。



最初に入れたのは口と顎。


下ネタの軽口が得意な大将ですが、この時ばかりは真剣な表情。

撮影・掲載許可済み


脇腹





野菜も投入。


さえずり(血合)


ここで赤貝を。
大将の下ネタが炸裂。



中骨


最後にふぐの味がよく滲みた大根を。


もちろん〆は雑炊
一旦鍋ごと引き上げて大将が作ります。

一杯目はポン酢醤油で。


二杯目はにんにく味噌を入れて。


お新香


お酒はH夫妻お気に入りの倉敷の米焼酎。
これも持ち込みです。
かなり酔ってきました。


夏みかんでさっぱりと。


おしゃべり好きの大将の落語家のような猥談を聞きながら大爆笑の連続。
もちろん、ふぐ関サバ関アジの講釈もいただきちょっと賢くなりました。

撮影・掲載許可済み
すっかり酔っ払って店を出たのは20時を回っていました。
たっぷり3時間。
ふぐ、堪能です。

新徳



関連ランキング:ふぐ | 都島駅桜ノ宮駅


新徳ふぐ / 都島駅桜ノ宮駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



当然の如くタクシーの行き先はホワイトラベル
カウンターに男性客が一人。
初めて会う方だな、と思ったらスタッフのKさんが
「キャノンデールさんのブログを見て来られたんですよ」
と紹介して下さいました。
「あ、そうなんですか。ありがとうございます」
とご挨拶。
江坂からわざわざ来られたMさん。
「お会いしたかったんですよ。ブログの文章が大好きでいつも読んでるんです」
と握手を求められました。
私に会いにこの店に来た人は二人目。
イケメンのお兄さんに握手を求められ、私はちょっと挙動不審だったかもしれません。


ご予定があるMさんは早々に帰られましたが、残った我々ふぐ宴会組で二次会です。
先日のNさんの誕生日プレゼントのチーズをお相伴に。


常連さんの出張土産までいただいてしまいました。


一軒目でかなり飲んだからか、昨日の夜更かしがたたったのか、睡魔が襲って来ました。
22時過ぎにお開きにして帰りましたが、そこからの記憶が途切れていて、気がついたら朝でした。


↓ クリックお願いします(^^)/
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ