2014年11月19日水曜日

北新地本通に最近オープンしたカレーラーメン専門店「旬彩堂」をリサーチ。ポークカレーラーメン温玉トッピング

先日北新地本通りを歩いていて、若くて可愛いお嬢さんがビラ配りしているのに遭遇しました。
旬彩堂
ラーメン屋らしからぬ名前ですが、カレーラーメン専門店のようです。


今日は同僚のM部長を誘って、その新店のリサーチに向かいました。


「確かこの辺りだったよね」
と看板をキョロキョロ見回していると、あのお嬢さんが今日もこの寒空の下でビラ配り。
マッチ売りの少女のようです。

彼女が先導してズンズンとビルの奥の店へと我々を連れていきます。
夜なら絶対危ないパターンです。


ビルは古くて廊下は暗いですが、お店は綺麗に改装されています。


店内はカウンターとボックス席。
15人も入れば一杯の小さな店。
カウンターの中では若い店主が一人で切り盛りしています。
スープにかける店主の心意気が感じられる壁の説明書き。


メニューはチラシで検討済みでしたが、ポークかビーフで悩んでいました。
店主に伺ったところ、ポークがオススメだというので、今回はそれをオーダー。


ランチタイムはライスが無料サービス。
しかもお代わり自由。
大阪に来て、私はそれで太ったのです。
M部長はライスなしという意思の強さを見せましたが、私は少な目で、という意志の弱さ。
カレーラーメンなら絶対ご飯と合うとわかっていたからです。


たっぷりの野菜をベースにスープを作っているようです。
期待が高まります。


先にらっきょうが出て来ます。
カレーラーメンでらっきょうが出て来たのは初めてですが、カレーですからおかしくはありません。


卓上の紙ナプキンをかぶって、ラーメンの到着を待ちます。
おっちょこちょいの私には有難いプロテクター。


ポークカレーラーメン温玉トッピング小ライス


 禁断の炭水化物 with 炭水化物。


なかなか美味しそうな色合いです。


卵とカレーは絶対間違いない関係。



「お、意外といける!」
というのがスープを一口飲んだ感想。
こう言うと失礼ですが、あまり期待をしていませんでした。
カレーラーメンを食べさせる店で、納得のいく店は東京時代もあまり巡り合わなかったからです。
野菜のコクと旨味を感じるスープは、ラーメン用によく考えられています。
シャバシャバでもドロドロでも無い、まさにラーメン用のカレースープ。


ポークは想像以上にたくさん入っていました。
こんなことが嬉しい。


まずはそのまま。
中太の縮れ麺は当店のオリジナルだそうです。
カレースープとの絡みも良好。


そしてラーメンだけでなく、禁断のライスを頼んだ最大の理由は、カレーラーメンライスを食べるため。
カレーとラーメンとライス、数あるオン・ザ・ライスの中でも最強の組み合わせ。


トッピングの温玉にも着手します。


カレーと温玉は間違いない黄金のカップリング。


更に麺も絡めれば、無敵です。


完食完飲。
空の丼を撮影した画像は手ブレていました。
よっぽど満足だったのでしょう。
しょっちゅう食べるタイプの料理ではありませんが、たまに食べたくなる味。
これから寒くなるので、再訪はありだと思いました。





食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


旬彩堂ラーメン / 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

昼総合点★★★☆☆ 3.2