2015年11月7日土曜日

京成臼井駅前に転勤後に出来た居酒屋「旬菜魚 五十嵐」でランチのリサーチ

佐倉を離れてもうすぐ丸四年。
転勤前は無かった京成臼井駅前の居酒屋が気になります。
旬菜魚 五十嵐
どんな感じなのかリサーチしてみようと、土曜のランチで訪問しました。


海鮮丼などの丼ものや、定食類。
思いの外、種類が豊富です。


店内はL字カウンターと小上がり。

 

夜のメニューは総合居酒屋的な幅広いラインナップです。


ちょっと悩みましたが、鮭いくら丼にしました。
最初にサラダが出てきます。


お客さんは13時過ぎで二組。
立て込んでいるわけではありませんが、あえてゆっくりなのか、サラダを食べ終わったのを見計らってから丼を作り始め、ゆっくりと出てきました。


大きな鮭の切り身が五枚。


いくら。


そして大葉の影に玉子焼きが見えます。
カウンターの上に鎮座していた玉子焼きのようです。


お味噌汁。


小鉢はじゃがいもの明太マヨネーズ和えでした。


こんな感じのランチ。


山葵醤油を溶いて丼にかけ回し、いただきます。
脂ののったサーモン。


いつもかどうかわかりませんが、味噌汁がきのこだったのは嬉しい。


玉子焼きは焦げ目のついた甘辛い東京風。
大阪の薄味のだし巻きにすっかり慣れた私ですが、やっぱりこれはこれで旨い。


いくらは、供された小さなしゃもじでいただきます。


サーモンにいくらをのせて鮭親子丼。


お茶のお代わりをもらったら、ご主人が
「上がり差し替え一丁」
と奥の奥さんに声をかけていました。
元は寿司職人だったのでしょうか。
そいうえば、メニューにも寿しのラインナップがありました。
その後も地元の方が二組ほどご家族連れやお一人様で来店。
地域密着型で固定ファンがいるように見受けられました。



関連ランキング:居酒屋 | 京成臼井駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


五十嵐居酒屋 / 京成臼井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.1