2015年11月7日土曜日

すっかり有名になって予約必須の勝田台のもつ焼き「角一」。ホッピーを飲みながら珠玉のもつ焼きをつまむ休日の幸せ

出張で留守宅へ帰省。
土曜日の今日、どうしても行きたいお店がありました。
勝田台のもつ焼き角一


千葉県の郊外にありながら、東京の名店に引けをとらない人気店となりました。
私が初めてこの店に来た2009年は、食べログの書き込みも一件だけ、サラリーマンなど私しかいないくらいのアウェイなお店でしたが、今では関東のもつ焼き好きの間でも知られる店となりました。


今日は長男と二人で。
10分前から並んで一番乗りです。
暖簾がかけられ、ようやくオープンの17時となりました。


急遽行こうということになったので、予約はしていなかったのですが、一番乗りなので席はありました。
私たちはテーブル席へ案内されます。
その後、お一人様が二組くらい入ったところで、今日は打ち止め。
早くも満席です。
17時5分で、もうフリーのお客さんは入れなくなりました。
いつの間にこんなに人気店になったのでしょう。


壁のドリンクメニューが新しくなっていました。


生ビールで乾杯。
ここのジョッキは冷凍されているのでキンキンに冷えてます。
そして、お母さんの泡の作り方も実に上手い。


今日の突き出しはきのこの煮物。


ポテサラ
自家製の濃厚な味付け。
ポテサラの旨い店は間違いない、ということを実感します。


最初はもつの刺し身から。
ニンニク醤油とごま塩は自分で調合。


ハツ刺しタン刺し


堪らない旨さ。
食の楽園大阪でも、豚モツだけは例外。
やっぱり、東京でしか食べられない味です。


これがまた絶品のもつ煮込み
もつ焼きの店がそれぞれ創意工夫して、独自の味を競うだけに、その店を象徴する存在でもあります。
角一は味噌仕立て。


味噌といえば唐辛子。
七味を振って。


煮詰まって濃厚な味噌に、もつの脂と旨味が溶け込んで、更に濃厚になっています。
えも言われぬ旨味。


自家製ぬか漬け
これが実に旨い。


味の素がたっぷり振ってあるところが、また高ポイント。


息子はレモンハイ
トーインの炭酸が渋い。


私はもちろんホッピー
これもまた、大阪では飲めない味。


焼酎甲類の入ったジョッキに、ホッピーを注ぎ入れます。
この作業からして、楽しい。


注文した焼き物が出てきました。
レバーのタレ若焼き


生が食べられなくなった今、若焼きがせめてものノスタルジー。


アブラはにんにくたれで。


この店名物のにんにくたれは、継ぎ足しで作られた濃厚な味。


カシラ
適度な噛みごたえの部位。


これもにんにくたれが合います。


ホッピーはナカをお代わり。


もう少し食べたいので、ガツコブクロを塩で。


お酒も、もう一杯。
ニッカハイボール


ちょっとさっぱりしたものが食べたくて、みょうが


自家製ぬか漬けをもう一回。
味の素をもらって、更に増量。


 素晴らしい冠雪。
このうま味調味料の実力を再認識。


「もうちょっと食べたいなぁ」
と呟きながらメニューを眺める私。
納豆オムレツ食べたいんじゃないの」
と息子。
父のことをよくわかっています。


一人なら絶対に食べられないボリューム。


 玉子も見事に半熟。


ゆっくり2時間。
旨いもつ焼きと酒を飲みながら、久しぶりに息子とサシ飲み。
離れ離れなので、募る話を。
気持よく酔って、お腹もいっぱい。
家に帰って、仕上げることにします。



関連ランキング:もつ焼き | 勝田台駅東葉勝田台駅

↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村