2016年4月15日金曜日

1シビ、2シビ、3シビ!シビレまぜそば@西新橋「肉そば ごん」

今日のランチは、昨日同僚から教わったお店にチャレンジすることにしました。
実は、私も彼から聞く前に自分でブックマーク済みではあったお店。


西新橋の肉そば ごん


ここの名物は肉そばですが、特にシビレまぜそばが美味しいという話。


行列の店だそうですが、ピークを過ぎていたので、さほど待つことはありませんでした。
入口の券売機で食券を購入します。


シビレまぜそば味玉


カウンター席に案内されました。
卓上のメニューを見て愕然。
シビレまぜそばにはデフォルトで卵黄がついているようです。
入口の券売機からは、そうは読み取れませんでした。
麺の盛りと辛さが選べます。
大盛無料だそうですが、私は普通盛りにしました。
辛さは1シビで。
辛いのが好きな私は3シビでもいける気がしましたが、まずは基本の味を知っておきたいと思ったのです。


綺麗に磨かれた厨房は、信頼の証。
期待が高まります。


自家製麺でしょうか。


しばらくしてシビレまぜそばが出てきました。


やはり生の黄身がオンされていました。


完全に煮玉子とかぶりましたが、たまご好きの私にはむしろ好都合と捉えます。


追い飯。
ネーミングからして、最後に食べるのでしょう。
食べ方の解説が無いので、間違っているのかもしれませんが。


「しっかり混ぜて召し上がってください」
という店員さんの指示にしたがいます。


生の卵黄を肉味噌としっかり混ぜ合わせていきます。


そこへ煮玉子も投入。


内部の半熟度も確認し、絶妙の半熟加減に納得。


やや太めのそばは、こうした変わりそばにはよくあいます。
肉味噌の辛味に負けない存在感。


やはり、肉味噌が残りました。


お店側の戦略に乗っかる形で追い飯を投入。


これもまた旨い。
しかし、もはやこうなっては蕎麦屋で蕎麦を食べているとは思えない状況です。


実はこの店はミート矢澤で知られるヤザワミートのプロデュースだと後で知りました。
それで、肉に拘りがある一方で、遊び心のある創作料理も思いつくのでしょう。
次回は肉そば大盛にチャレンジです。




関連ランキング:そば(蕎麦) | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村


肉そば ごんそば(蕎麦) / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5