2017年6月25日日曜日

大阪の懐かしい大好きな店を巡る⑫ 一番好きなラーメン店、南森町「らーめん 颯人」。初めての塩らーめんで今回の旅を締めくくる

私が大阪に赴任していた最後の年に出来たお店です。
開店直後から通い始めましたが、あっという間に行列の人気店となり一気にハードルが高い店となりました。
この日は南森町バーホワイトラベルの常連さんたちとの研修旅行の帰り。
朝から豊岡但熊でTKGの大盛と生卵6個にプリンまで食べて満腹ですが、ここでラーメンを食べて帰らないわけにはいきません。
消化薬を飲んで、雨の中行列に並びます。
12時過ぎで12、3人というのは、雨のおかげなのか短めです。


らーめん颯人
大阪屈指の人気店のひとつ、カドヤ食堂で修行して独立した若い店主は北海道出身。
北海道らしい一品を、と独自のレシピで供するみそらーめんが取り分け人気。


しかし今日は、そのみそらーめんではなく、私が東京に戻ってから始めたというしおらーめんを食べに来たのです。


35分待ちで入店。
いつもなら、味玉をつまみに北海道限定のサッポロクラシックを飲みながらラーメンが出来るのを待つのですが、今日の体調ではビールを飲むとラーメンが食べられなくなるので涙を飲んで我慢。


カウンターだけの小さいお店。
厨房では店主が真剣勝負でラーメンを一杯一杯作っています。


期待のしおらーめんがカウンターに置かれました。
クリアなスープに浮かぶ油膜、そして美しく盛り付けられた麺がその向こうに透けて見えます。
もちろん味玉トッピング。


チャーシュー。


メンマとネギ。


トッピングの味玉。


まずはスープをひと口。
やはり只者ではありません。
クリアなのに、濃厚。
濃厚なのにすっきり。
そして塩味といいながら、控えめな動物の味が隠れています。


麺は繊細な細麺ですが、エッジが立っているので、舌触りや喉越しはしっかり。


脂身の多いバラ肉は、トロトロ。


味玉はいつもよりはちょっと固めでした。


今度いつ食べに来られるのかわからないので、ひと口ひと口しっかりと味わって、噛み締めて。


完飲したかったのですが、朝の大盛TKGに阻まれました。
もう若くはありません。
無念です。


入口でお会計。
店主は忙しい合間を縫って、見送りの挨拶をしてくれました。
「玉子はサービスしておきます」
といつものようにこっそりと。
本当に美味しく、そして真面目なお店です。
繁盛はとても良いことですが、体調に気をつけてくださいね。




関連ランキング:ラーメン | 南森町駅大阪天満宮駅なにわ橋駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.6