2018年1月15日月曜日

大阪から帰任した先輩を懐かしいメンバーで囲む会は、とっておきの隠れ家、勝どきの「魚河岸処 さより」でねぎま鍋

私と入れ違いに関西支社に赴任していたT先輩が東京に帰任しました。
早速囲む会を催すことになり、場所のセレクションを任された私は、勝どきの魚河岸処 さよりをチョイスしました。
この店が築地にあった頃からの長い付き合いのお店です。
今は運河沿いの棟割り長屋にひっそりと佇む、隠れ家的な雰囲気。


二階の座敷を予約しました。
座敷ですが、椅子になっているので胡坐の苦手な私も楽。


私は一足早く到着。
突き出しは煮蛸の酢の物。


T先輩、I君、Kさんの三人が到着したところで、乾杯。
宴が始まります。


あらかじめ頼んであったお刺身の盛り合わせ
元仲卸の目利きだったご主人の仕入れに間違いはありません。


脂ののったサーモン。


店名でもある、さより。


〆サバは絶妙な浅締め。


程良い中トロのまぐろです。


先輩の大阪の土産話に、皆で耳を傾けます。
私が帰任してわずか二年ですが、その間にも色んな変化があったようです。
生ビールはたちまち二杯目に。


今日のメインは寒いので鍋。
身体に優しい料理を大将の息子に尋ねたところ、ねぎま鍋を薦められました。
私が築地時代のこの店に通っていた30年近く前は、夏休みにお運びのお手伝いをしていた小学生も、今は大将に代わって板場を仕切るほどに成長したのです。

美味しそうなマグロと、焼きネギ。
セリも彩りも美しい。


鍋の出汁にはあらかじめ牛蒡が仕込まれています。
そこに具材を投入。


最後にセリ。
目にも鮮やかです。


ねぎま鍋を食べたのは、いったい、いつ以来でしょうか。
実に素朴で優しい味わいです。


芋焼酎のロックを頼みました。


長い付き合いのメンバーなので、話は尽きません。
もう少し、摘まもうと、鍋の後に焼魚と煮魚を頼みました。
金目鯛の粕漬
ちょっと高級です。


にしんの煮付
これは珍しい。


美味しい料理を食べながら、楽しい会話にお酒も進みます。
グラスも重なりますが、ここは一旦お開きにして、二次会に流れることにしました。




関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 勝どき駅築地市場駅

 
夜総合点★★★☆☆ 3.5