2019年5月14日火曜日

久しぶりに西新橋の立ち食い「蕎麦さだはる」でちょい飲み。玉子サラダとハムカツをホッピーで流し込んで、田舎ざるで締める


今日は小雨がぱらつく冴えない天気です。
軽く飲んで帰ろうと、思い付いたのは西新橋の立ち食い「蕎麦さだはる」
立ち食いながらも蕎麦屋としてのレベルは高く、更に夜の立ち飲みのレベルも相当良いのでお気に入りのお店。
最近ご無沙汰なので、久しぶりの訪問です。


立ち飲みとは言え、簡易な椅子があり、先着順で使用可能。
今日は座り飲みで、黒ホッピーからスタートです。


つまみは、ここに来たら外せない玉子サラダ
いわゆるタマゴサンドのナカですが、たまご好きの私には堪らない料理です。


ちくわ磯辺揚げもオーダー。
たっぷりの青のりがかかったビジュアルは食欲をそそります。
山谷丸千葉を思い出す一品。
塩が別添えで、立ち飲み屋のつまみレベル以上のプレゼンテーションです。


ここのホッピーはナカが濃いので、お代わりは三杯で、ようやくホッピーが一本なんとか消化できる分量。


もう一品、やはりわたし的には外せないハムカツを頼みます。


薄いハムが二層にミルフィーユされたハムカツは、外側の衣のハードな食感と、中の重層構造のハムの食感のコントラストが楽しい。


この為に少し残しておいた玉子サラダもオンして合わせる展開です。


ホッピーが無くなったので、角ハイボールを注文し、締めに移ります。


今日は、田舎ざるをチョイス。


茹で立て、締め立ての太めの田舎そばが出てきます。


薬味はネギ、わかめ、大根おろし、天かすが取り放題。
しかも温玉か生卵が選べるという太っ腹のサービスです。


私は温玉をチョイスし、めんつゆが零れそうな程薬味を入れてから、蕎麦を手繰ります。


しっかりと腰のある田舎そばが、濃い目のキリっとしたつゆに絡んで抜群の旨さ。
たっぷりの薬味も蕎麦の味を引き立てます。


温玉にも箸入れして、蕎麦に絡めて啜れば至福の時。


もちろん、取り放題の薬味も追加でインして、フィニッシュです。


蕎麦湯できっちりと締めました。


お会計を済ませ、新橋駅まで歩きます。
雨は、今は止んでいますが、夜半に強く降るとの予報ですから、早く帰った方が良さそうです。