2019年5月16日木曜日

焼魚気分のランチの選択肢の一つ、虎ノ門の居酒屋「さくらさく」で日替わりの「サバのみりん干しとイワシの梅しそフライ」


昨夜は「肉塊UNO」でガッツリ肉を食べました。
そのせいか、今日のランチは焼魚気分。
いくつかある選択肢から、今日は居酒屋「さくらさく」をピックアップしました。
12時過ぎるとあっという間に行列が出来る人気店なので、アーリーチェックインが肝要です。


カウンター席に案内され、日替わりの「サバのみりん干しとイワシの梅しそフライ」を頼みました。
もちろんこの店では生卵トッピングは欠かせません。


待つことしばし。
トレイにのって料理が出てきました。


おかずが二品なので、焼魚は小ぶり。


イワシの梅しそフライも一切れですが、野菜サラダや小鉢もついて、バランスの良い食事です。


もちろん中央に鎮座する生卵は、後ほどTKGとして楽しみます。


デフォルトが虎ノ門ルールに反して少な目のご飯ですが、かなり美味しい。
一杯のみお代わり可能です。


まずは味噌汁をひと口。
ここは味噌汁もレベルが高いのですが、残念ながらお代わりは不可。


最初に野菜サラダをやっつけます。
胃に生野菜を先に入れるのはダイエットの常道だと聞いた話を信じて実行し続けていますが、効果は実感できません。


続いてサバのみりん干しをオン・ザ・ライス。


更にイワシの梅しそフライも、添えられたとんかつソースをかけて、やはりオン・ザ・ライスです。


このお店は丸美屋のさけふりかけと味付海苔が常備されていて昭和世代の私は嬉しい限り。


もちろんこれも使いますが、TKGにたどり着く前にご飯が枯渇しました。


ダイエットを公言している以上、ご飯は一膳で済ませないといけないのですが、ちゃっかりお代わりです。
「半分位で」
とお願いしましたが、
「すいません、普通にいれてしまいました」
と一膳目と同量のご飯がよそわれてきました。
「仕方ないな」
と内心喜びながら、生卵をイン。


醤油をかけて、粗めにかき混ぜ、味付海苔で頬かむり。
私の定石です。


結局ご飯二膳を平らげ、実質丼メシを食ったような状態になりました。
昨日の肉バルで増えた体重が、固定化されそうな予感です。





関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5