2019年5月13日月曜日

クイックランチは「丸亀製麺霞ヶ関コモンゲート店」で釜玉うどんにちくわ天トッピング


今日は仕事の都合でクイックランチ。
うどんかそばがいいな、と未訪の「丸亀製麺 霞ヶ関コモンゲート店」へ。


12時10分前だから、まだ大丈夫だろうと思ったら既に行列は通路の角を曲がって20人以上並んでいます。


「しまった。選択を間違えた」
と思いましたが、アプリの天ぷら割引券とPayPay支払いを併用して、安く上げようという狙いもあったので、選択は間違っていません。


並ぶこと10分。
ようやくうどんを注文するカウンターまでたどり着きました。
店内を見れば、空席があります。
どうやら、座る場所がなくて滞っているのではなく、うどんを茹でたり、お会計をしたりする処理時間を上回るお客さんが押し寄せているのが原因のようです。


私は釜玉
大盛をグッと堪えて、並盛です。
「たまごは混ぜますか?」
と聞かれて、一瞬何を言われているかわかりませんでしたが、どうやら、釜玉の生卵を混ぜて出すか、そのままのせるだけか、を聞かれているようです。
もちろんたまご好きの私は、自分で生卵を割って食べたいので、そのままでお願いします。
ちくわ天をピックアップしてお会計。


丸亀製麺アプリから、天ぷら30円引きのクーポンをかざして470円が440円。


PayPayで支払ったので、20%ポイント還元中ですから、更に安くなって実質352円になりました。
本場の讃岐うどん並みです。
ケチっているというわけではなく、ゲーム感覚なので楽しい。


もちろん、薬味をトッピング。
見ると「SNS放題¥0」というPOPが。


何かと思えば「Sしょうが Nねぎ Sすりごま」のこと。
思わず笑ってしまいますが
「天かすのTがないぞ!」
と思いました。


さて、行列の割には空いている店で、カウンター席に陣取って、釜玉の生卵を割る儀式。


薬味ともしっかり混ぜ合わせて、ちくわ天をのっけて早速ひと口。
「あれ?味が??」
あまりに前のめり過ぎて、だし醤油を入れるのを忘れていました。


釜玉など、何回も食べたことがある私としたことが、とんだうっかりです。
あわてて卓上のだし醤油をかけ回し、改めて混ぜ合わせてから頂きます。


讃岐うどんは腰があるので、気を付けないと、釜玉の半熟玉子がスーツに飛んでしまいますから、慎重に食べ進みます。


ふと顔を上げると、「平日17時から30分飲み放題」というメニューを見つけました。
うどんまたは親子綴じと天ぷら二品がついて1,000円だそう。
「いろいろ考えるなぁ」と感心。
器を下げて、相変わらず空席が目立つ店を出ると、行列はディズニーランドのように一段と伸びていました。





関連ランキング:うどん | 虎ノ門駅霞ケ関駅国会議事堂前駅