2019年5月11日土曜日

「カマス煮干しの限定ラーメン」と聞けば、行けない訳にはいかない、勝田台「中華ソバ篤々」


昨日からお店のTwitterで予告があったのですが、今朝確認すると、やはり限定メニューで「カマス煮干し」のラーメンが提供されると告知がありました。
この店の限定メニュー「裏ニボ」の中でも、特に我が家のみんながお気に入りのカマス煮干しとあっては、行かない訳にはいきません。
数量限定の上に、人気店とあって、早めのチェックインが必要です。


11時開店の20分前にお店に到着。
店の外に出された順番待ちの紙に先客の名前はありません。
ポールポジションをゲットです。
車を駐車場に入れて、今日も熱く照り付ける太陽の下、11時の開店を待ちます。
11時と同時に店主がお店から現れて、暖簾を掲げます。


食券を購入。
もちろんカマス煮干しの「裏ニボ」煮玉子トッピングです。


待つことしばし。
いつも通りのビジュアルで、食欲をそそります。


まずはスープをひと口。
煮干しの旨味を極限まで引き出した限定メニューは、定番のクリアな煮干しスープとは全く異なりますが、ワイルドさと繊細さが同居した実に奥深い味。
特にカマスは、こんなに煮干しラーメンに合うのかと思える、濃厚なのに、えぐみの無いスッキリとした後味です。


デフォルトで固めに茹でられた菅野製麺所の細麺を啜れば、スープとの絡みも良好。


時間の経過と共に、スープや麺の熱で色が変化していくレアチャーシューは、一番乗りの特典で、一枚多い三枚です。


中盤で味玉に着手。


一気に寄り切り、最後は残ったスープも完飲です。
大満足で店主夫妻にお礼を告げて、お店を出ました。





関連ランキング:ラーメン | 勝田台駅東葉勝田台駅

中華ソバ 篤々ラーメン / 勝田台駅東葉勝田台駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.6