2019年7月2日火曜日

久しぶりの新橋ランチは、やっぱり久しぶりの超アーリーチェックイン。ダイエットを意識して「活魚料理ととや」で「からすかれい照焼」


本社での朝の会議が11時に終わりました。
虎ノ門の事務所に帰る前に超アーリーチェックインでランチを食べることにします。
天気も冴えませんし、そんな時は駅近の「活魚料理ととや」で決まりです。
もちろん絶賛ダイエット中ということも、割烹のお魚ランチへのモチベーション。
11時10分頃でしたが、いつもよりも空いています。


カウンターの一番手前奥に案内され、あらかじめ考えていたメニューを告げます。
からすかれいの照焼です。


まずはいつもの小鉢や漬物のセットが運ばれてきます。


割烹の矜持を感じるアツアツの茶碗蒸しから手を付けます。


春雨と野菜の煮物も、安心安定の味。
ダイエット中に心がけていることの一つが「ゆっくり食べる」こと。
茶碗蒸しですらゆっくりと食べることで、今まで隠れていた味が現れて、より美味しくなるから不思議です。


そのうちにからすかれいが焼けました。


ご飯と味噌汁も運ばれてきます。
ご飯は少な目。
いつもの器ではなく、お茶碗で。
長年通っていますがお茶碗で食べるのは初めてです。


まずは味噌汁をひと口。
これは後でお代わり予定。


脂ののった、柔らかい白身のからすかれいは、箸でつまむと崩れそうなほど。


もちろんオン・ザ・ライスです。


定番の鰹の佃煮やお新香も、ご飯にのせて。


小サイズですから、貴重な資源である白米。
当然慎重なライスコントロールが求められます。
そして「食べた感」を出すためにかなり咀嚼します。
この所、コンビニサラダのランチが多いので、少ない料理を時間をかけて食べる習性が身についたようです。
おかげで「よく噛んで食べる」という、あるべき行為を、人生で初めて会得し、生活習慣が改まって来たと実感します。
中盤で、港区屈指の味噌汁をお代わり。


残りのご飯と焼魚を大切に味わいながらフィニッシュ。
十分満腹です。
久しぶりに白いご飯と焼魚を食べましたが、やっぱり美味しい。
お魚ランチにして正解でした。



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.6