2014年7月11日金曜日

久し振りの福島「うどん 讃く」で全粒粉うどん。ランチの新メニュー、カツ鶏卵定食にトライ

昼休みは風邪の治療で福島の病院へ。
その足で久し振りにうどん 讃くを覗いてました。


すぐ近くにある人気ラーメン店烈志笑魚油 麺香房 三くが経営するうどん専門店。
久し振りに名物の全粒粉うどんを食べに来ました。


朝もなかなか人気だとか。


もちろん取材済みの人気店。


食券販売機の横にはメニューの紹介。


マイ箸、マイ丼を持参すると最大30円引きのEco割り。


カツ鶏卵定食というお昼限定のメニューがありました。
よくわからないので店員さんに質問。 


ご飯カツ丼の上かけうどんのセットだと言うので、それに決めました。
カツ鶏卵とは何とも変わったネーミング。
東京ならカツアタマとかカツ煮と呼ぶものです。


プレートは一回り大きなものと交換されました。
真ん中に鍋敷き。
なんでだろう。


出来上がるまで5分ほど待ちました。


店内はセルフ店らしい飾らない雰囲気。
近隣のサラリーマンやOLに混じって、ご近所の親子連れの姿も。


出来上がりました。


親子鍋をそのままのせるための鍋敷きだったとわかりました。
セルフ店らしい大胆な発想。


ご飯は大盛だったので減らしてもらいましたが、それでもまだ多いです。


これがオリジナルの全粒粉うどん
この暑さですから、ひやで。


カウンターの上の天かす生姜をたっぷりと。
もっともはスプーン2杯の縛りがありますが。


テーブルに移動し、卓上のゴマを擦り入れます。


まずはうどんから頂きます。
小麦の味がしっかり味わえる全粒粉うどんは、見た目ほどキワモノではありません。
当たり前に美味しい。


ひやのかけつゆはやや濃い目。


親子鍋ごと出されたカツ鶏卵は超半熟。


自分でご飯にのせて、カツ丼マイセルフ。


中盤はこんな感じで。


ご飯を少なくしてもらったので、つゆだくです。


完食完飲。


久し振りに食べた全粒粉うどんはやっぱり美味。
お店の名の由来になっている「Thank you」の通り、店員さんたちの接客も気持よく、満足して店を出ました。
外は台風一過で猛烈な暑さ。
先日買った折り畳みの男性用日傘さえあまり効果が無いようです。



関連ランキング:うどん | 新福島駅福島駅中之島駅


↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ