2014年7月18日金曜日

週末はお気に入りのお店で気の置けない飲み友達とゆったり。与力町「竹うち」~南森町「ホワイトラベル」

今日は金曜日。
どこでひとり人酒をしようか、とフェイズブックで何気なくつぶやいたところ、飲み友達のHさんからお誘いがありました。
誰かと飲みに行くためにつぶやいたのでは無かったのですが、渡りに船。
二つ返事でご一緒することにしました。

待ち合わせは、お互いにお気に入りの居酒屋与力町竹うち


「今日は3人だし、色々食べられるかな」
と黒板のお品書きを眺めているうちにHさんがやって来ました。


奥さんはお仕事で遅れていらっしゃるとのこと。
とりあえず生ビールで乾杯です。


一品をいくつか。
いわし生姜煮


八尾の枝豆


釜上しらす


高野豆腐
一品が出揃ったところでHさんの奥さんも合流です。


私はキープしてある三岳のロックに切り替えました。


3人の希望のお造りを少しずつ盛り合わせてもらいました。
3人で分けられるように数を考えて切ってくれていました。


かつおタタキはおろしポン酢で。
もちろんにんにくと生姜も一緒に。


はもちり
浪速の夏の風物詩は梅肉で。


たこぶつ
コリッとした歯ごたえがいい。


剣イカ
滑らかな触感の後に、甘みが口に広がります。


一品を追加。
小芋ゆず煮


ポテトサラダ
ここはじゃがいもそのものの味がいい。


キスの天ぷら
一人だと多くて頼めないのですが、今日は3人なので普段我慢していた料理が色々食べられます。


天つゆでも塩でも食べてみました。
淡白なキスと衣の油のコントラストが美味。


私が気になったがっちょ唐揚
広義のコチの一種で、正式名はネズミゴチ。
大阪南部ではがっちょと呼ばれています。


実物はユニークな魚体。
頭を落として身を開いて唐揚げにしています。


塩でいただきます。
程よく脂ののった白身と骨がカリッと揚がって、酒のアテにぴったり。
この店はマスターが和歌山出身ということもあって、紀州の珍しい魚が時々入ってくるのも楽しみの一つ。


〆はもちろん名物の棒寿司
今日は鯵の炙りです。


売切御免の人気の料理なので、いつも最初に取り置いてもらいます。


脂ののった炙り鯵は酢飯と見事なハーモニー。
納得の味です。


久し振りにH夫妻とご一緒し、楽しく会話。
ひとり酒も良いですが、仕事を離れ、気の置けない友人と飲むのもまた良し。
2時間ほど飲んだ後、相変わらずお安いお会計を済ませて、いつもの止まり木へ。



関連ランキング:居酒屋 | 扇町駅天満駅大阪天満宮駅


二軒目はもちろん南森町バーホワイトラベル


最初は3人でしたが、一人、二人と見知った顔が現れて、いつのまにかカウンターは満席。


明日の朝は早いというH夫妻は先にお帰りになりましたが、入れ替わりに遅がけのメンバーが集まってきました。
初めてお会いした方とも楽しく会話できるのも、この店の雰囲気と常連さんたちのフランクさからでしょう。


今日は軽めのつもりがすっかり深くなってしまいまいた。
明日は久しぶりに寝坊しよう、と思い熱帯夜の南森町を自宅に向かって歩きました。



関連ランキング:バー | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅



↓ クリックお願いします(^^)/
食べログ グルメブログランキング



B級グルメ ブログランキングへ