2014年11月7日金曜日

新地の高級洋食店「菱冨」の名物料理キモピラフに初挑戦

支社の飲み仲間であるK次長は、私と食の嗜好が近いので、いつも参考になる情報を提供してくれます。
今日は「絶対気に入ってもらえると思う食べ物をご紹介したいんです」
とランチタイムに北新地の高級洋食店にご案内いただきました。
同僚のM部長も一緒。


レストラン菱冨


落ち着いた雰囲気の店内は、先客が二組。
「今日は混んでる方ですよ」
とK次長。


昔ながらのウェイター然とした服装に身を包んだ初老の男性がオーダーを取りにきます。
なるほどこの値段ですから、いくら北新地とはいえランチタイムは空いていて当然。
今日はこの中から、K次長お薦めのキモピラフを食しに来たのです。
たまご好きの私は3,200円菱冨風オムレツが大変気になりました。
ちょうど隣のテーブルで6人のグループがそのオムレツをシェアしていましたが、驚くべきボリューム。
さすがにあれまでは食べれないな、と今日は断念。


しばらく待って出てきたキモピラフ


鶏肝と玉葱とマッシュルームが入っています。


自家製のタルタルソース。


これをかけて食べるのだそうです。
1,000キロカロリーは楽勝で超えています。


高級B級グルメ、とでも言うべき一品。


高級感のある卓上の福神漬とらっきょうを添えて。


早速頂いてみます。


たっぷりのバターで炒められたピラフは濃厚な味わい。
私は好物ですが、鶏肝が苦手な人でもタルタルソースとのコラボで、実に食べやすい味となっています。


なんともユニークな創作料理。
「僕のソウルフードなんです。月に一回ぐらい食べたくなるんですよ」
というK次長の言葉が頷ける、謎の中毒性を持った一品です。


お会計の時に女性店員に創業何年か聞いたところ、なんと68年だとか。
つまり戦後すぐの創業ということ。
昔は進駐軍の将校が食べに来ていたのかもしれませんし、高度経済成長期には大阪の有名企業の幹部が食べに来ていたことでしょう。
1,200円はなんともサラリーマンランチにはお高いお値段ですが、消費税導入で実質値下げだそうです。
いつか「ふわふわで絶品」だという菱冨風オムレツを食べに来たいと思いながら、3年堂島にいても知らないお店がまだまだあるな、と痛感しました。
またピッチを上げて、探索が必要です。



関連ランキング:洋食 | 北新地駅大江橋駅東梅田駅

↓ クリックお願いします(^^)/


食べログ グルメブログランキング


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ


菱冨洋食 / 北新地駅大江橋駅東梅田駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3