2015年8月9日日曜日

蒸し暑い日曜日は明るいうちからお気に入りの居酒屋でひとり酒。与力町「竹うち」の夏らしい旬の肴に舌鼓

今日も猛烈な暑さ。
いつの間にか伸びた髪を、行きつけの美容院hoop loopでさっぱりとカットしてもらいました。
昨日のうちに予約しておいた竹うちに、その足でアーリー・チェックイン。
ますます人気となったこの店は、当日フラッと行っても入れなくなりました。


テーブル席は満員。
私はカウンターの端っこ、いつもの定位置に陣取り、まずは生ビール


既に品切れのメニューもあるから驚きます。


とりあえず高野しいたけを頼みました。


間違いなく美味しい定番料理。


キュウセン焼酢って何ですか?」
と奥さんに質問します。
 「キュウセンはベラの仲間でキスみたいな白身の肴です。燒酢は南蛮漬けの揚げてない感じですね。身が締まっているんですよ。色は熱帯魚みたいに派手な感じなんです」
「じゃあ、それをお願いします」


かなり固くて、身をほぐすのが大変ですが、しっかりと三杯酢が滲みて美味しい。


かなり格闘しましたが、綺麗に食べました。


キープしてある赤霧島が無くなったので、新しいボトルを入れました。


お造りの盛合せを頼みました。
かつおタタキさばきずしを半々で。


活きの良さがわかる、実に美しい色。


にんにく、生姜と一緒におろしポン酢で。


きずしは浅締。
素材の味が引き立ちます。


みょうがと一緒にわさび醤油で。


前から気になっていた、最近登場した新メニュー、揚なすおでん


その名の通り、揚げたなすを、当店人気のおでんの汁をかけたもの。
夏の食材、なすと、冬の料理、おでんの時空を超えた出会いです。


おでんの汁、というのが、ふつうの揚げ出しとは一捻り違っていて実に美味。
たぶん、色んな食材の旨みが出ているからでしょう。
長崎のおでん屋で、おでん茶漬けが抜群に旨かったことを思い出しました。


最後にもう一品、穴子の酢のもの
炙った穴子をきゅうりとわかめの上にのせて三杯酢をかけ、生姜とゴマ、そしてみょうがが添えられています。


涼味満点。
食欲が衰えがちな夏に相応しい酸味のある味が、胃を刺激し、滋味豊か。


今日はご年配の宴会でテーブル席はいっぱいで賑やかな夜でした。
明日から、また一週間。
そろそろこの連続猛暑日も打ち止めになってほしいものです。



関連ランキング:居酒屋 | 扇町駅天満駅大阪天満宮駅


↓ クリックお願いします(^^)/

B級グルメ ブログランキングへ


にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村