2017年6月2日金曜日

知る人ぞ知る日立愛宕ビル地下の洋食「HILO」で、ずっと気になっていたカレーにトライ。ボリューム満点のメンチかつカレー

今日のランチは、新人のFさんをまだ案内していない洋食HILOへ。
日立愛宕別館の地下にひっそりと佇む昭和な洋食屋さん。
人気のハンバーグをはじめ昔懐かしい美味な洋食がラインナップ。
しかも、なかなかにボリューミーなのです。


厨房はご主人、ホールは明るく優しいお母さんが切り盛りするツーオペ。
オーダー、料理の上げ下げ、お会計とホールを担当するお母さんにかなり負荷がかかっています。
私が頼んだのは、ずっと気になっていたカレー
トッピングもとんかつチキンカツハンバーグなど選択肢が豊富ですが、今日はメンチかつにしてみました。


メンチかつカレーのライス少な目


ご飯が少な目のせいなのか、メンチかつが大きいのか、はたまたルーが多いのか、原因は不明ですがライスが全く見えません。


メンチかつの断面を確認しようと、スプーンで分け目を開きます。
ようやくそこにライスが確認できました。


もともとのルーにも肉が入っています。
味はさほど辛くない、懐かしい洋食屋さんの欧風カレー。


真っ赤な福神漬がたっぷり添えらえているのも嬉しい。


肉厚なメンチかつ。
当店人気のジャンボハンバーグと共通モジュールになっているのでしょう。
食べても食べても減らない、かなりのボリューム。
これは晩ご飯がいらないパターンです。


ふと見ると、同僚たちのランチセットに付いてくるべき味噌汁が来ていません。
ホールを取り仕切るお母さんはてんてこ舞いなのです。
そんなお母さんに申し訳ないとは思いながら、味噌汁が未着である旨申告。
食後のコーヒーのように味噌汁が出てきました。


料理の単価は全体的に1,000円前後とやや高いのですが、ボリュームと味を考えればむしろコスパは良いというのが私の判断。
小さな店内を走り回る優しいお母さんの接客も高ポイントです。




関連ランキング:洋食 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

HILO洋食 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5