2017年5月31日水曜日

オリジナリティの高いだし茶漬けが食べられる居酒屋「あじひろ」の焼魚ランチ。さば醤油干し開きでおなか一杯

今日は魚ランチが食べたくて、西新橋の居酒屋あじひろへ。
800円でコスパの高いランチが食べられます。
しかもオフピークなら700円という破格。


今日は未食のさば醤油干し開きを頼んでみました。


醤油干しだけに焦げ色が強いですが、かえって食欲をそそります。


ここのご飯は、もちろん虎ノ門らしくデフォルト大盛。
しかもお代わり自由というガッツリ系サラリーマンには嬉しいお店。
炭水化物を気にする私ですが、この店では少な目にはしてもらいません。
それは、後でこの店オリジナルの食べ方があるからです。


お漬物とオプションチョイスの明太子。
納豆か生卵からも選べます。


味噌汁。


さば醬油干し開きの身をほぐします。


もちろんオン・ザ・ライスで。
醤油の味は見た目ほど濃くはなく、脂ものって実に美味。


特に腹回りには、さば特有の脂がしっかりあって、ご飯が進みます。


高菜漬けと明太子もオン・ザ・ライス。
最高です。


ご飯と焼魚、漬物などは半分ほど残しておいて、最後にだし茶漬けにして楽しむのがこの店流。


三分の一ほど残したさば醤油干しと明太子、高菜漬けにわさびを載せて、卓上のポットに入ったお出汁をかけます。


新しいポットに熱々のお出汁を入れて持ってきてくれるのが、気が利くサービス。
お茶とは違った味わいで、焼魚とは実に相性が良い。
これを楽しむために、ご飯はあえて少な目にしなかったのです。


満足、納得のランチ。
次回は900円ランチや1000円ランチもトライしてみたいと思いました。

地下のお店から地上に上がると、ムッとする熱気。
今年の夏は暑そうです。




関連ランキング:居酒屋 | 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅

あじひろ居酒屋 / 虎ノ門駅内幸町駅新橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5