2017年7月7日金曜日

暑い日に激辛料理で爆汗!虎ノ門「味覚3号店」で石焼麻婆刀削麺を完食するもTKO負け

今日も気温は30度を超えているでしょう。
こんな時はつい自虐的に辛いものを食べてしまいます。
虎ノ門界隈に3店舗ある味覚の3号店がオオバコだと聞き、同僚と3人で向かいました。


お店はビルの地下。
既に汗だくです。


入口に置いてあるメニューを見て注文。
料理が同じでも、3店舗それぞれに店の広さやオペレーションは異なるもの。


今日は味覚石焼麻婆刀削麺と決めてきました。
前回は普通の辛さで少し物足りなかったので、今日は中辛で。


12時半過ぎなので、店内は8割の入りといったところ。
先にスープが出てきます。


程なくと書かれた不繊布に覆われた石焼麻婆が出てきました。


グツグツと煮えたぎっています。
石鍋は相当な温度のはず。

video

刀削麺は結構な量です。
ご飯のように少な目と頼めるのか定かではありません。


いよいよ戦いが始まります。


少し間を置いてから、不織布をめくります。
石鍋が出てきてすぐだと、洋服にはねる危険性があるのです。

video

もちろん卓上の紙エプロンは事前に装着して万全の態勢です。


幅広で不揃いの刀削麺。
啜りにくいのですが、結構好き。


これを煮えたぎる石焼麻婆に投入し、攪拌します。

video

こんな感じに。
白い刀削麺が、見るからに凶暴な色になりました。


麻婆刀削麺と言いながら、石焼鍋の中は麻婆豆腐。
つまりご飯の代わりに刀削麺というセットなのです。


底から混ぜ合わせ、麺も豆腐も渾然一体となる小宇宙。
中国四千年の歴史を感じる瞬間です。


刀削麺をかなり食べ進んだ気がしましたが、石焼麻婆は一向に減る気配がありません。
そして、私は汗をダラダラと垂らし、その汗は眼鏡のレンズやテーブルに滴り落ちています。
タオルハンカチも既にウエッティ。


最後の刀削麺を投入。


それでもこれだけ麻婆豆腐が残りました。
量、辛さ、そして何より熱さで、私は相当なダメージを受けています。


何とか食べ切りましたが、完全にやられました。
TKO負けです。


お会計を済ませて会社に戻ります。
爆汗をタオルハンカチで拭きながら、自分は午後は使い物にならない予感がしました。




関連ランキング:四川料理 | 御成門駅虎ノ門駅神谷町駅


味覚 3号店四川料理 / 御成門駅虎ノ門駅神谷町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5