2017年11月15日水曜日

虎ノ門エリアで三店舗展開する焼鳥「つくね 新虎ノ門店」。同じランチでも微妙に違う焼鳥御飯

ランチはK部長のリクエストに応えて焼鳥つくね
界隈に三店舗ある店ごとに、同じランチメニューの焼鳥御飯が微妙に違うのが面白いのです。
あえて、今日は会社から遠い方の新虎ノ門店へ足を向けました。
私が焼鳥ストリートと勝手に名付ける外堀通りの二本裏の路地。


新虎ノ門店の焼鳥御飯は、きじ焼き風な作りは本店と同じですが、丼に入っていて海苔のあしらい方も異なります。
そして玉子焼きがのっているところが大きな違い。
個人的にはそこのポイントが高いです。


ご飯はいつものように少な目で。
夜は飲み会なので、尚の事。


味噌汁。


添えられている大根おろしをのせ、しゃもじで頂きます。


玉子焼きは関東風のほんのり甘い味。
大阪勤務時代あれだけ好きだった出汁巻きにノスタルジーを感じていましたが、東京に戻って2年。
今ではすっかりこの味に慣れました。


暗めの照明にジャズが流れる店内は、店長の趣味でしょうか。
他の二店とは一線を画すコンセプト。
サクッとランチを済ませ、会社に戻りました。




関連ランキング:焼き鳥 | 虎ノ門駅内幸町駅霞ケ関駅

 
昼総合点★★★☆☆ 3.5