2018年6月18日月曜日

舞茸天玉そばの生卵が今回も最初から黄身が割れていた件@新橋駅前ビル1号館 立ち食いそば「おくとね」

今日はスケジュールがタイトなので、クイックランチ。
久しぶりに新橋駅前ビル1号館の立ち食いそばおくとねへ。


ここの舞茸天玉そばが、私はかなり好きなのです。
食券を渡して、テーブルに先日アマゾンで購入したB級グルメ部活用バッグハンガーを使って鞄をかけてから、カウンターに蕎麦を受け取りに。


なんと、黄身が最初から割れています。
ショック!


前回も割れていました。
ここの舞茸天は、舞茸を細かく砕いたものを薄く大きく揚げているので、丼の海面を全て覆う上に、その製法上、衣が鋭利なのです。
とはいえ、そこはプロとして、上手く落として欲しいところ。


ヤケ気味の私は、いつもなら中盤で行う「箸入れの儀」を直ちに執り行いました。
動画のブレと箸の動きの荒っぽさに、私の狼狽ぶりと怒りが見てとれます。


どうせ割るのだし、食べてしまえば同じとはいえ、たまご好きの私には大きなダメージです。 


鋭利な舞茸天も慌てて黄身に絡めます。
自分の段取り通りいかないもどかしさ。


蕎麦も黄身に絡めます。
次第に平静さを取り戻してきました。


次第に汁を吸って柔らかくなってきた舞茸天は、徐々ににその凶暴さを失い、HPも残りわずか。
私の逆転勝利でしょう。


「おくとね、いい加減にしろよ」と思いながら啜った舞茸天玉そばは、悔しいけれど、やっぱり今日も美味しかったぜ、チクショウめ!!




関連ランキング:そば(蕎麦) | 新橋駅汐留駅内幸町駅

おくとねそば(蕎麦) / 新橋駅汐留駅内幸町駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5