2018年6月17日日曜日

アヤメを求めて水郷へサイクリング。ランチは香取市の「長谷川 与田浦店」で鰻重上

今日は大阪転勤前以来の7年ぶりとなる水郷へ。
あたり一面見渡す限りの水田です。
水郷を訪れるには、田植えが終わったこの時期が一番美しいと私は思っています。


今日は水郷の千葉県香取市と茨城県潮来市の、それぞれの「あやめ祭り」を見比べにきました。
その前に、早めの腹ごしらえ。
広大な田園地帯の県道沿いに一軒家のお店があります。


うなぎの長谷川 与田浦店


11時の開店直後だったので、待たずに入れました。


テーブル席と小上がりがあります。


メニューを見てかなり悩みましたが、鰻重上を奮発。
50キロ走ってきた自分へのご褒美です。
しかし鰻も高くなったなぁ。


一品もありますが、お酒が飲みたくなるので、禁止。


ぼんやりテレビを見ているうちに、鰻重が運ばれてきました、


蓋を開ける緊張感と期待感。


美味しそうな焼き色の付いた鰻が一尾、姿を現しました。


お吸い物は肝吸い。


お新香。


早速頂きます。
直焼きで濃いめの味付けが、いかにも田舎らしい素朴な味わい。


途中で山椒を振って味変。
ここの鰻は愛知県三河産で、小ぶりですが脂がのっています。


あっさりと完食です。
店内には後で訪問する予定の水郷佐原あやめパークのポスターが貼ってありました。


お会計を済ませて、再びハンドルを握ります、
最初の目的地は、北利根川を渡った茨城県潮来市の水郷潮来あやめ園です。




関連ランキング:うなぎ | 十二橋駅

長谷川 与田浦店うなぎ / 十二橋駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.2