2018年7月14日土曜日

名古屋に来たら「櫃まぶし」。亡きお義父さんを偲ぶ「うなぎ しら河 今池ガスビル店」

お義父さんの三回忌で名古屋へ。
丑の日も近いので晩ご飯は鰻。
かなり前に予約してあったしら河 今池ガスビル店に行くと、最高気温38℃というとんでもない暑さと、三連休も相まってか、予約の無い人たちの大変な行列です。


個室に案内され、まずは注文を。


櫃まぶしが出てくる前に、まずは生ビール


う巻き肝焼きも頼んで、生ビールで流し込みます。
この時間が最高。


そこへお待ちかねの櫃まぶしが登場。


お櫃に直焼きの鰻の蒲焼がみっしりとのっています。
あらかじめ細く切ってあるところが特徴。


お吸い物は別注。
肝吸いにしてもらいました。


お新香。


今でこそ全国区の料理になりましたが、新入社員で名古屋に配属されて、先輩にご馳走になったのが初めて。
「こんな食べ方があるんだ」と驚いたのは、もう35年も前の事ですが、鮮明に覚えています。
お櫃からお茶碗によそい、最初はそのままで。


二杯目はネギや出汁、刻み海苔、山葵などの薬味をのせて。


三杯目は鰹のきいた出汁のお茶漬けで締め。


このお出汁は美味しいので、お代わりしてそのままでも頂きます。


鰻好きのお義父さんには、色んなお店に連れて行ってもらいましたが、晩年気に入って通っていたのは、このお店。
お義父さんが可愛がっていた孫たちも勢揃いして、親族9人、賑やかに偲ぶ夕食会でした。




関連ランキング:うなぎ | 今池駅千種駅車道駅

うなぎ しら河 今池ガスビル店うなぎ / 今池駅千種駅車道駅
 
夜総合点★★★☆☆ 3.5