2019年1月17日木曜日

新たなるメニュー全クリへの挑戦。南インド料理「ナンディニ虎ノ門店」の月木限定ビリヤニ全18種。その⑭「エビビリヤニ」


先週に続き二週連続のナンディニ虎ノ門店へ。
年も変わり、二年越しのメニュー全クリなので、今更「新たなる挑戦」でもないのですが。
今日のビリヤニはエビという情報を事前にお店のFacebookで確認済み。
未食ですし、シーフードは全18種のビリヤニでもレアアイテム。
しかも過去の経験値から登場頻度が極めて低いので、メニュー全クリのためには、この不定期ローテーションを逃すわけにはいきません。
12時20分前のアーリーチェックイン。


ホール係のスタッフも、私の事を「ビリヤニおじさん」と認識しているようで、にこやかに
「イラッシャイマセ!」
と出迎えてくれます。
オーダーはもちろんエビビリヤニ
ウエイターも納得の表情です。


程なく出てきたエビビリヤニには、大きなエビがゴロゴロと入っています。 


このところ三つ目の器はスープ続きだったのですが、今日は久しぶりにデザートでした。


いつものように、まずはそのまま一口食べてデフォルトの味を確認。
エビのおかげで、今日は磯の香りがします。


その後、「本日のカレー」チキンコルマとライタをかけ回し、いつものように好みの加減に混ぜ合わせながら食べ進みます。


今日のビリヤニはそれ程ホットではないので、やはりマイルドなカレーのルーと合わさって、いつもとは異なる印象です。


エビはかなり大きいので、ナイフで一口大にカットして食べやすくします。
もちろん「ルーポッタン」には最新の注意を払いますが、骨付きチキンほど危険ではありません。


相変わらずボリューミーなビリヤニで腹パン。


ジンジャー風味の甘いデザートで締めたところでお会計に立ち上がろうとすると、ウエイターがチャイを持ってきてくれました。
嬉しいサービスです。
ゆっくりと熱いチャイを味わってお口直し。
全クリも、ようやくゴールが見えてきました。