2019年4月26日金曜日

10連休前に平成最後の一人ハシゴ酒@船橋① 最愛の大衆酒場「一平」で黒ホッピーと煮込みでゆっくりとスタート


明日から10連休。
令和に年号が変わることも、かつてない大型連休も、世の中をざわつかせています。
一方、夜の世界は今週後半になるに従い客足も減っているようです。
仕事の追い込みで忙しいのか、連休に備えて財布の紐を締めているのかわかりませんが、私はそのどちらにも当てはまりません。
京成船橋駅で途中下車して向かったのは、最愛の大衆酒場「一平」


路地裏の大きな赤提灯が目に入ると、ホッとします。


幸い暖簾の前に行列は無し。
店内を覗けば、私が先頭ながらも満席の様子。
今日は冷えるので、中で待たせてもらいます。


5分ほどで、先客が一人出て私が呼ばれます。
運よく、鍋前の特等席。
平成最後のひとり酒は幸先の良いスタートです。


まずは黒ホッピーを頼んで人心地。


牛煮込み煮玉子を入れてもらって、ゆっくりとスタートします。


個性的な味の煮込みは、好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は大好き。
煮玉子も外せないアイテムですが、デフォルトの二つは多いので一つにしてもらいます。
豆腐も勧められますが、それはお腹いっぱいになってしまいます。


今日はやはりお客が少ないようで、行列にならない程度の、ほぼ満席の状態が続きます。
ふと見ると、ゴールデンウィーク中の営業予定が張り出されていました。
このアナログな告知方法が、なんともいい感じ。
私もツイッターで、お店の広報をしておきます。


ホワイトボードからまぐろかま刺身を注文。


のうてん刺身とともに、この店のまぐろは、この二択。
脂ののったかまに、ナカをお代わりしたホッピーも進みます。


刺身が無くなった頃に、裏メニューをこっそり頼みます。
厨房が空いている時にだけ作ってくれる納豆オムレツです。
酎ハイレモン抜きとセットでオーダー。


納豆オムレツは、納豆とタマゴという私の大好きな二つの食材が合体しているのですから、これほど美味しいものはありません。


朝飲んだ胃カメラのせいなのか、これだけでお腹いっぱいになりました。
いつもの私にしては、随分少ない量です。
それでも、お酒だけはもう一杯飲みたい気分なので、はしごすることにします。
ちょうど一時間の一人酒。
お会計は2,130円のニセンベロでした。





関連ランキング:居酒屋 | 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅

一平居酒屋 / 京成船橋駅船橋駅大神宮下駅
 
昼総合点★★★☆☆ 3.5