2020年10月25日日曜日

「Withコロナ」居酒屋解禁第二回は、息子たちと日曜日の昼酒ハシゴ。ホームグラウンド船橋で「寅屋 本町店 」の旨いもつ焼きに8ヶ月ぶりの感動


妻が実家に帰省中。
長男と二人、日曜日のお昼ご飯と晩ご飯の悩みを一気に解決する昼酒企画を立てました。
一人暮らしの三男を呼び出して京成船橋駅で待ち合わせ。
向かったの本町通りの飲み屋街です。


お目当ての一軒目は寅屋 本町店
成田のもつ焼きの人気店の船橋店。
昨年開店以来のお気に入りですが、コロナ禍のために今年2月を最後に8か月ぶりの訪問です。
日曜日は12時開店。
13時のチェックインで満席だったらどうしよう、とドキドキしながら店内を覗くと、空席があったのでホッとしました。


奥のテーブルに横並びで陣取り、まずはドリンクをオーダー。
「お久しぶりですね」
とスタッフに声を掛けられました。
忘れられていなかったことが、ちょっと嬉しい。


もちろん黒ホッピーからスタート。


乾杯。
妻には内緒なのが、更にテンションが上がる3人です。


煮込み
しみじみと旨い。


日曜日は残念ながらボイルはありません。
本当はレバボイルを頼みたかったのですが、タン刺しをオーダー。


コブクロ刺し
8か月ぶりの感動に、言葉もありません。


焼き物はカシラ塩から。
一本しか残っていなかったので、ハラミを組み合わせた一本ずつとなりましたが、むしろ結果オーライ。


二杯目は天羽ハイボール
いわゆる下町ハイボールです。


これを飲みながら旨いもつ焼きをつまむのが最高。


続いてハツ塩
コリコリプリプリとした食感が楽しい。


息子が希望したレバタレで。


刺身をもう一品。
ガツ刺しはピリ辛で酒も進みます。


三杯目は梅割り
この店がリスペクトする立石「宇ち多”」の名物ドリンクです。


二軒目の開店時間が迫ってきました。
もう一品つまんでから河岸を変えることにします。
もちろん締めはシロタレ良く焼き


お会計を済ませ、大好きなお店をハシゴする私のゴールデンコースです。