2012年2月13日月曜日

新橋B級中華の代表格「四季ボウ坊」で東京の同僚とランチ

月に一度の定例会議で本社出張。
職場の同僚と4人でランチへ出かけました。

「どこ行きましょうか?やっぱり大盛ですか?B級がいいですよね?」と気を使ってくれる後輩たち。

「寒いから温まる料理がいいよね。辛いものかな」
などと話しているうちに自然と中華に絞りこまれてきました。
「じゃあ。四季ボウ坊鴻運だな」
とたどり着いた店は四季ボウ坊
(この店のボウという字は変換できないのでカタカナで表記します)
オアシズの大久保にそっくりとテレビでも評判になったママがいるお店です。

この満艦飾の店構え。


ランチメニューが豊富なのでかなり悩んだのですが、人気の牛バラ肉と五目野菜土鍋ご飯が2名、後輩と私は麻婆豆腐ランチと日替わりの牛肉かけご飯大盛を各1頼みシェアすることにしました。

まずはスープ
そしてウーロンハイのようなお茶。
店内にはB級大盛中華好きの飢えた新橋サラリーマンが続々集結してきてたちまち満席に。


麻婆豆腐
この店らしい辛さ。


山椒がたっぷりかかってピリリと辛い。


後輩とシェア。


他の二人が食べた牛バラ肉と五目野菜土鍋ご飯
アツアツで火傷しそうですがおいしい名物料理です。


こちらは日替わりの牛炒めかけご飯、ライスは大盛です。


これも二人でシェア。

この店の日本語レベルは注文が通っているかどうか甚だ不安になるのですが、それはメニューも同じ。
この料理も白飯だと思っていたら見事な出来映えのチャーハンにのった牛肉の炒め
たっぷりの玉葱とやや甘みを感じる味付けがチャーハンとマッチしてまいう〜


こうやってランチに声をかけてくれる後輩に感謝するとともに、つくづく「距離を超えた人間的つながりの重要性」を再認識しました。



↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ