2012年3月1日木曜日

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」同期3人とディープ天満の串かつ「七福神」〜ワインバー「あんくるん」

大阪に転勤して間もない1月半ばに同期のS君からメールが。
「3月に大阪出張があるから飲もうよ」というお誘いでした。
随分先の話だな、と思いながらもスケジュールを入れた日があっという間にやってきました。

連日のバタバタ、しかも明日は9時には東京本社に出社というタイトな状況で18時出発が危ぶまれたのですが、なんとか10分遅れで会社を出ました。

出張者は同期の3人。
Y君、F君、S君です。

天満駅までタクシーを飛ばし、まずは駅裏のディープなエリアをご案内。
私の住む街ですので勝手知ったるというところ。

向かったのは天神橋筋商店街の天満酒蔵
ところが臨時休業という衝撃。

ならば隣の串かつの名店七福神は、と覗いてみると珍しく数席空いているよう。
店員に声をかけると、先客を動かし我々に4人並びの席を作ってくれました。


生ビールは最初の一杯が100円
これはこの界隈で時々見かける共通の販促企画。


動いて下さった方々に謝辞を述べ着席。
おでんもあります。


何から頼んだらいいのか迷う素晴らしいラインナップ。


日替わりのサービスメニューがスーパーみたいですね。


卓上のキャベツはフレッシュ。


さあ、友と乾杯!
プレミアムモルツが一杯目は100円。
通常でも350円ですから驚きの安さ。


とりあえずどて焼き


定番の牛かつ


続々と置かれる串かつたち。


あじ


タマネギ


紅しょうが
これがさっぱりして旨い。


お酒は芋焼酎の水割りへ。
串も増える一方です。
みんないい年してよく食べる。


ユニークなネーミングかっぱ軟骨
何だろう・・・。


正解は鶏の軟骨
三角形になっている部分ですね。


玉子うずらではなく鶏卵



もちろんソースは二度漬け禁止ですが、後からかけられるように小さな柄杓が入っています。
意外と憎い心遣い。


玉子のような大きな揚げ物にはこの柄杓が効果的。


いったい4人で何本食べたのかわかりませんが、お会計は4人で9,500円!
マジですかっ!?

すっかり満足してくれた同期三人を引率し、今度は串かつとは対極、もう一つの天満の顔を紹介するべく、私の大好きな止まり木へとご案内です。

関連ランキング:串揚げ | 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅


七福神串揚げ / 天満駅扇町駅天神橋筋六丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



天五中崎町商店街の少し北にあるワインバーあんくるん
外観はどうみても普通の民家ですが店内は落ち着いた空間。

カウンターが一杯でしたので我々は二階へ。
階段が急なので皆が転げ落ちないかちょっと心配しました。


私はキリっとしたシャルドネを。
友人たちは地元羽曳野の赤。


明日は名古屋で仕事、というF君が新大阪までタクシーに乗るのを一旦見送り、残ったY君、S君と引き続き会話。
会社の将来を熱く論じる典型的な昭和世代の酔っ払いです。

明日は早朝の新幹線で東京へ。





↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ