2012年3月28日水曜日

深夜の残業メシは南森町「主税寿司」で大将と語り合い。仕上げは止まり木「ホワイトラベル」

明日の東京での会議の資料作成に時間がかかり会社を出たのは22時半。
今日はお初天神の贔屓の居酒屋でうまい惣菜を摘んで疲れを癒そうと思っていたものの、もうラストオーダーの時間。
ならば、自宅近くで食べようと訪れたのが南森町の主税寿司
毎日通る通勤経路に面してあり、いつも混んでいる人気の店。
深夜0時までやっているのでこういう時に助かります。


10人も入れない小さなカウンターだけの店。
23時近かったこともあり暖簾をくぐると常連らしきお客が2名。
大将が申し訳なさそうに
「今日は出前が入ってネタがあんまりないけど、ええ?」
と言うので
「かまへんよ。あるやつでなんかツマミ作ってくれる?」
とりあえず冷えたビールツマミ


関西の人には馴染み深い明石イカナゴの釘煮
関東ではコオナゴと呼ばれています。
今が旬の風物です。


寿司ネタは限られていましたが、大将が勧めてくれたブリカマ
脂がのって実に美味。


お酒は冷酒に切り替え。
同席したお二人は本町の糸へん商売の方。
「南森町までは帰り道がいっしょやからここで飲んでんねん。この街がハブなんや」とおっしゃいます。
わざわざ途中下車するほどのこの店の魅力はネタしゃべり
もちろんお値段は大阪価格。
20代半ばから30年以上もこの地で店をやっている大将は、人懐っこく、頭の回転の早い方。
物識りでいろんな事に詳しく、この街の生き字引とも言えます。
私など、会社のある街と業界を言っただけで、ズバリ勤め先を当てられてしまったほど。
ご一緒した糸へんのお二人も交えて4人で会話が弾みます。


少し握ってもらいました。



先客が帰って、程なく閉店間際にすっかり出来上がった別の常連さんが近所のスナックのママを連れてご来店。
あっという間に私も旧知の友人のように会話します。

そろそろ0時。
自宅までのわずかの距離にある止まり木に足を向けました。



関連ランキング:寿司 | 南森町駅大阪天満宮駅扇町駅

主税寿司で一日のストレスを和らげた後、立ち寄ったのがお気に入りのバーホワイトラベル
いつもはギネス生を飲んでいるのですが、今日は馴染みの常連さんたちの真似をしてボトルを入れました。
これでますます立ち寄ってしまうかも。


マスターが紹介してくれたカウンターでご一緒した男女の常連さんはなんと業界のライバル会社の方。
ご夫婦で東京から赴任中とか。
この店はマスターをハブにどんどん人の輪が広がるのが楽しいです。
私のような単身赴任者にとって、会社以外の友人を作ることは精神バランスを取る上でもとても大事。

時計を見ると1時半。
明日は8時の新幹線。
そろそろ帰らなきゃ、とカウンターを立ちご夫婦にお別れの挨拶をして店を後にしました。





関連ランキング:バー | 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅


↓ クリックお願いします(^^)/

にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
にほんブログ村



B級グルメ ブログランキングへ